アデノゲンの効果と内因性物質との関係

<スポンサーリンク>  
アデノゲンの効果と内因性物質との関係

アデノゲンの育毛剤には、独自成分「生体内薬用成分アデノシン」が主成分として配合されており、この成分は、細胞の「核酸」と同じ「内因性物質」と同じ種類です。

「細胞」に様々な司令を出す役割を担うのが「核酸」ですので、アデノゲンを使用する事によって、頭皮周辺の「細胞」の機能自体を防ぎ、毛母細胞や毛根、頭皮周辺の「細胞」の精製を促します。

 

アデノゲンの「アデノシン」の効果

髪の毛を生やす為に必要な生体内成分の生成を促す効果が期待出来ますので、体内で精製される「内因性物質」と同じと言う事が特徴です。

当然、一般的な育毛剤は、薄毛や抜け毛が気になる場所に浸透させ、頭皮や毛根に働きかける効果が期待出来る「外因性物質」ですので、頭皮環境や精製度合いによって、効果が大きく左右されてしまいます。

 

ですが、アデノゲンは、「内因性物質」であり、「細胞」の中心部分に存在する「核酸(かくさん)」に働きかける効果が期待出来ます。

つまり、元々存在する「毛乳頭」へと働きかける事が可能だと言う事です。

 

やや強引な説明になってしまいますが、「核酸」は細胞の中心部分に位置し、細胞を構成する「デオキシリボ核酸」「リボ酸」を健康的な細胞分裂が出来るように調節します。

「核酸」が不足してしまう状態が続いてしまった場合、「細胞分裂」が正常に行われない状態が続いてしまっていると言う事ですので、必然的に「ヘアサイクル」は短くなります。

 

細胞の活性化に繋がる、「毛乳頭」自体の機能を改善する効果が期待出来ると言う訳です。

「毛乳頭」は、発毛を促し、「ヘアサイクル」を健康的な状態にする事が可能ですので、「髪の毛」の寿命を少しでも長くする効果が期待出来ます。

 

また、アデノシンには、頭皮周辺の血行を促進する効果が期待出来ますので、「毛乳頭」への栄養を行き渡り易くするだけでは無く、毛根や頭皮を健康的な状態にする事も可能です。

「核酸」は、主に3歳を過ぎて来た頃に急激に機能自体が低下してしまい、丁度、薄毛や抜け毛が増えて来る時期と重なります。

 

アデノシンには、「核酸」の機能低下を補う効果が期待出来ますので、加齢や新陳代謝の低下による細胞分裂の異常等に一定の効果が期待出来ると言えます。

抜け毛や薄毛が深刻化して来てしまっている場合、毛根や周辺の毛細血管に異常が出てしまう事が多く、対処しないままでしたら、何も改善出来ません。

 

もし宜しければ、「生え際に短い毛が増えて来る原因と対処法等について」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ