育毛剤イノベートは、どの薄毛に効果が有る?

<スポンサーリンク>  
育毛剤イノベートは、どの薄毛に効果が有る?

育毛剤イノベートは、あの有名なライオンが最新のDNA研究結果を基に「サイトプリン」「ペンタデカン」「ビタミンE誘導体」に注目した医薬部外品です。

他の育毛剤とは異なり、比較的安価で手に入る事と、臭い等が無い事、最大手企業が手掛けている等が根強い人気の理由にもなっていると思います。

 

「サイトプリン」は、元々は花等の細胞分裂を促進して成長を活発化させる働きが期待出来るとされていて、イノベートに採用されている成分です。

「ペンタデカン」は「ペンタデカン酸グリセリド」と呼ばれる有効成分で、その毛乳頭の機能が低下し、ヘアサイクル自体が終わりに差し掛かった状態である「休止期」の状態の毛乳頭に刺激を与え、ヘアサイクルを正常な状態に戻す働きが期待出来ると言われている成分です。

 

「ビタミンE誘導体」は、「酢酸トコフェロール」とも呼ばれていて、イノベート以外の育毛剤にも積極的に採用されている人気の高い有効成分です。

頭皮や毛根を「酸化」から守る働きが有り、頭皮を炎症等の頭皮トラブルから守り、頭皮環境を改善する働きも期待出来ます。

 

育毛剤イノベートはどの薄毛に効果が有る?

生え際の抜け毛が増えて来たように感じ、薄毛が進行し始めた時に有効的な育毛剤です。

成分的に見ても、全く髪の毛が無い所からやや強引に毛髪を生やすと言う「医薬品」に使用されている強い成分は含まれていません。

 

薄毛や抜け毛が深刻化する前に使用するのが育毛剤イノベートの理想的な使い方だと思います。

リピーターの意見を見ていても、10〜20年以上継続して使用していると言う方も多く、生え際の抜け毛や薄毛だけでは無く、予防や毎日のケア的な意味で使用されている方も多いです。

 

もし宜しければ、「シャンプー時の抜け毛の本数は、何本から危ない?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

育毛剤イノベートが使い辛いと言う意見も

私が実際に触った感想では、液状でそこまで濃度は感じられませんでしたが、使用者の中には、着用後の「ベタツキ」が気になると言う方も居られます。

育毛剤イノベートは、毎日の頭皮マッサージ時に使用する事が多いと思いますので、これ位の濃度の方が、流れたり、髪の毛に吸われたりしにくくて良いとは思います。

 

あと、アルコール系に皮膚が負けてしまう方のトラブルが有ります。

イノベートはアルコール含有量が比較的多目の育毛剤ですので、頭皮や肌がアルコールに弱い方には適していません。

 

もし、自分に合うか分からない場合は、皮膚の目立たない部分に30分〜1時間着けてみて、皮膚に変化が無いか確認するようにして下さい。

アルコール系に弱い場合は、皮膚に痒みや赤身、荒れやポツポツが出来る筈ですので、自信が無い場合は必ず確認してから使用するようにして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ