オウゴンエキスの副作用はどれ位危険なのか

<スポンサーリンク>  
オウゴンエキスの副作用はどれ位危険なのか

オウゴンエキスは、「黄金花(こがねばな)」の根から抽出された成分で、漢方として利用されて来た歴史が有ります。

漢方では主に飲み薬として利用されて来ましたが、皮膚に対しては炎症を沈めたり、乾燥を防いだり、ニキビ等のデキモノを防ぐ働きが有ります。

 

それに、消臭作用も有りますので、頭皮の臭いが気になる季節にも良いです。

アンチエイジング効果が期待されていますので、化粧品やスキンケア商品への利用も多いです。

 

最近では育毛効果が期待出来るとして、オウゴンエキスが配合されているヘアケア商品も多数見かけるようになりました。

 

副作用に関して

オウゴンエキスの副作用は、特殊なアレルギー体質で無い限りは心配は無いと言われています。

ですが、黄金花の根から抽出している以上、アレルギー体質の方は医師に相談したり、本格的に使用される前にパッチテスト等で確認してから使用された方が良いと思います。

 

アレルギー体質以外では、ホルモンバランスが崩れてしまう可能性は少なからず存在します。

これは、オウゴンエキスが脱毛ホルモンを抑える働きが有る事が原因です。

 

この脱毛ホルモンを抑える働きが期待されて育毛剤に積極的に採用されていますが、体質によってはオウゴンエキスの副作用が出てしまう可能性も有ります。

何か特殊なケースが重なってしまった場合や状況によっては副作用の危険性が有ると言う程度です。

 

オウゴンエキスを使用した方全員が身体の不調を訴えると言う事では有りません。

 

オウゴンエキスの危険性

副作用が心配されているのは、男性型脱毛症の原因となる「ジヒドロテストステロン」の生成を抑える働きが有るからです。

「ジヒドロテストステロン」は睾丸や副腎で生成される「テストステロン」と身体から自然に生成される「5アルファリダクターゼ」と呼ばれる酵素が合成する事によって生成されます。

 

この物質は生え際や頭頂部に集中する性質が有り、オウゴンエキスには「ジヒドロテストステロン」を抑える働きが期待されています。

つまり、男性ホルモンの一種を抑える働きが有ると言う事ですので、体質によってはホルモンバランスが崩れてしまう可能性が有るとも言われています。

 

ですが、常識の範囲内で使用しているのでしたら、オウゴンエキスを使用したヘアケア商品を使用していたとしても副作用は有りません。

もし宜しければ、「オウゴンエキスに毒性?頭皮につけて大丈夫?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ