ケモアの成分にはどんな物が?他の育毛剤と何が違う?

<スポンサーリンク>  
ケモアの成分にはどんな物が?他の育毛剤と何が違う?

ケモアには多くの有効成分が含まれています。

それぞれの働きによって、まんべんなく頭皮に浸透し、頭皮環境の改善につながります。

 

注目されている成分「レパゲルマニウム」について

ケモアの成分の中で最も有力視されているのが、レパゲルマニウムという成分です。

これは、頭皮に清潔な酸素を与える働きをします。

 

酸素がないと頭皮は酸欠になってしまい、自らで何かを代替に足りない部分を補おうとするので、別のところに不具合が生じてしまいます。

足を怪我したときなんかも、そうですよね。

 

片足を痛めたことで、反対側の足がそれをかばうようにして歩くしかないため、今度は毛がしていなかったほうの足まで筋肉痛になったり筋を痛めたりしてしまいます。

 

必要な成分を代替して補うことを防ぎ、与えるようにすれば良いのです。

レパゲルマニウムは、酸素を与える成分として有効です。

 

◯ 「ビタミンC」と「ビタミンE」について

次に、ビタミンCとビタミンEもケモアの成分に含まれます。

ケモアに入っているこの二つの成分は、頭皮の毛周期を正常にする働きがあります。

毛周期は、毛が生え変わるサイクルのことです。

 

ケモアは「毛周期」にどのようにして働きかけるのか

毛周期は個人差がありますが、頭皮に異常があると、毛周期が乱れることもよくあります。

 

そうなると、抜けてから新しい毛が生えてくるため相当な時間を要し、まったく生えてこないことも起こりえます。

ビタミンCとビタミンEで、毛周期を正常に戻してあげることで、新しい毛が生えてくるリズムを掴みやすくなります。

ケモアの成分で次に紹介するのは、ニコチン酸アミドという成分です。

 

ケモアの成分「ニコチン酸アミド」について

これは、血の流れを促進する働きがあります。

血行が悪いと、色々良くないことが起きます。

 

例えば、頭皮の血行が良くないと毛穴が詰まりやすく、新しい毛が生えにくくなってしまいます。

それを改善するために入っている成分です。

 

◯  「ヒノキチオール」について

最後にヒノキチオールの紹介もしておきましょう。

この成分は、細菌を殺す作用があります。

頭皮に細菌が増殖すると、フケやかゆみの原因となります。

それを予防、改善するために必要な成分です。

 

ケモアに含まれる成分は、どれも頭皮に有効に働く精鋭ばかりであるとお分かりいただけたでしょうか。

ケモアは男性でも女性でも、またどんな年齢の人であっても使えるのが特徴です。

 

ですから、人体により害がなく、効果を実感できるものが厳選されています。

副作用については「ケモアには副作用が有る?医薬部外品の安全性について」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ