ナノアクションDの副作用は?主要成分調査

<スポンサーリンク>  
ナノアクションDの副作用は?主要成分調査

ナノアクションDは、成分を非常に細かな「ナノ状」にする事によって一般的な育毛剤よりも浸透圧を高めたのが特徴です。

浸透圧が他の育毛剤よりも良いと言う事は、自分の頭皮環境に合わなかった場合、それだけ副作用が起きる確立が上がると言う事です。

 

また、育毛剤のカテゴリとして扱れている事が多いと思いますが、実際は、「浸透型発毛促進剤」ですので、抜け毛や頭皮トラブルを改善する事に特化している訳では無さそうです。

市販されている育毛剤は、既存の髪の毛を強く、ハリ等を持たせる事が目的の場合が多いので、成分的に見て副作用の心配が無さそうでしたら、試してみるのも良いとは思います。

 

ナノアクションDのナノ化した成分の影響

「PCTナノエマルジョン」「PLGAナノ粒子」の2種類のナノ化した成分が特徴で、それぞれ、頭皮細胞、毛母細胞に浸透させていきます。

「PCTナノエマルジョン」は、ナノアクションDの場合、「ヒノキチオール」「酢酸DL−α−トコフェロール」等の頭皮に良い成分をナノ化して乳化させた物です。

 

「ヒノキチオール」の持続時間をナノ化しない状態と比較した場合、5倍以上の持続時間を可能にしました。

「ヒノキチオール」の副作用は、殺菌と催奇性による影響があるかも知れないという範囲ですので、心配は有りません。

 

「酢酸DL−α−トコフェロール」は「合成ビタミンE」で、副作用は、過剰摂取による食欲不振等ですので、ナノアクションDの場合は関係が無さそうです。

「PLGAナノ粒子」は言わばナノ化した「カプセル」のような物で、「ホソカワミクロン」が様々な医薬品や医療品、美容関連品や医薬部外品に提供しています。

 

ナノアクションDの成分から見た副作用

先ほどの「ヒノキチオール」「酢酸DL−α−トコフェロール」以外には、「セイヨウアカマツ球果エキス」「冬虫夏草エキス」「ニンジンエキス」「ローズマリー葉エキス」「クララ根エキス」「キナノキ樹皮エキス」等が血行と発毛を促進させる成分です。

「セイヨウアカマツ」「クララ根エキス」には副作用の報告はされていません。

 

「冬虫夏草エキス」には、食欲不振や嘔吐感で、食品として摂取した場合です。

「ニンジンエキス」「ローズマリー葉エキス」「に関しても過剰摂取した場合ですので、ナノアクションDの場合は心配する必要は有りません。

 

「キナノキ樹皮エキス」の場合に限り、頭皮環境によっては、アレルギー反応等の副作用が出てしまう可能性も有りますので、ナノアクションDを初めて使う場合は、肌の目立たない場所で「パッチテスト」を行う方が良いと思います。

もし宜しければ、「ナノインパクトプラスの効果はどれ位高い?」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ