ナノインパクトプラスの効果はどれ位高い?

<スポンサーリンク>  
ナノインパクトプラスの効果はどれ位高い?

ナノインパクトプラスは、「ホソカワミクロン」と「経済産業省(NEDO)」、「岐阜薬科大学内産学官共同プロジェクトチーム(DDS)」が共同で開発した事で有名です。

どれだけ効果的だと言われている成分を配合したとしても、実際に頭皮や毛根周辺まで浸透しなければ意味が無く、それが一番の課題だとされて来ましたが、ナノインパクトプラスは「浸透」に力を入れて開発されていますので、その心配は無いとされています。

 

ナノインパクトプラスは何が違う?

非常に細かな粒子で毛根にまで発毛に効果的な成分が届くように作られている育毛剤は沢山有りますが、ただ単に成分を細かくしただけの場合が多く、頭皮や毛根に届いたとしても、粒子一つ一つの力は正直弱いとされていました。

その点をクリアしたのは、ホソカワミクロンの高純度の微粒子を作り出す技術で、一般的に市販されている育毛剤よりも1.5倍以上も濃い成分を頭皮や毛根に届ける事が出来ると言う事です。

 

効果的な成分について

ナノインパクトプラスには非常に発毛や育毛に効果的な成分が含まれていて、36種以上も含まれています。

豊富な成分の中でも特に注目されているのは、「ダイズエキス」「酵母エキス」「センブリ抽出液」「アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」「トコフェロール酢酸エステル」「エチニルエストラジオール」と言う有効成分です。

 

その他には、「ビワ葉エキス」「ジオウエキス」「サクラ葉抽出エキス」「ヒオウギ抽出液」「オドリコソウエキス」「キナエキス」「クララエキス」「チョウジエキス」「アルニカエキス」「オランダカラシエキス」「ゴボウエキス」「セイヨウキズタエキス」「オウゴンエキス」「ニンジンエキス」「チンピエキス」「ボタンエキス」「ヒキオコシエキス」「トウチュウカソウエキス」「トレハロース」「ステビアエキス」「コメヌカスフィンゴ糖脂質」「メンチルグリセリルエーテル」「乳酸グリコール酸共重合体」「リン酸L−アスコルビンマグネシウム」「セラミド2」「グリチルレチン酸」「メントール」「ヒノキチオール」が含まれています。

 

どのような悩みに効果が有る?

年齢やストレス等が原因で頭皮周辺に血行不良が起きてしまっている場合や、男性型脱毛ホルモンが生成され始めた場合に効果的な成分がナノインパクトプラスには含まれています。

抜け毛が増えて来たように感じたり場合に効果的です。

 

どうしても髪を「空いた」ようになってしまい、スタイリングが思うようにならず、髪が「ぺったり」とした状態になってしまい悩まれている方も効果的です。

また、何らかの原因でフケや痒み等の頭皮トラブルが起きて悩まれている方に対しても効果的です。

 

もし宜しければ、「乾性フケはシャンプーが原因?多くの人が陥りやすい注意点」に記事もご覧頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ