ブブカに頭頂部への効果は期待出来るのか?その仕組について

<スポンサーリンク>  
ブブカに頭頂部への効果は期待出来るのか?その仕組について

ブブカは頭頂部や生え際等に影響を与えやすい「ジヒドロテストステロン」と、加齢や生活習慣が原因による薄毛や抜け毛の両方に対して有効な成分を使用した育毛剤です。

特に頭頂部は、加齢や生活習慣による物なのか、「ジヒドロテストステロン」による物なの判断が非常に難しい事が特長です。

 

確かに、頭頂部の細胞を採取して脱毛ホルモンの数を調べれば簡単分かりますが、加齢や生活習慣、ホルモンバランスの崩れ等、全ての要因が複雑に絡み合っている場合も多いです。

 

頭頂部が抜け毛や薄毛になる2つの要因について

先ほど、頭頂部が薄くなる原因には大きく分けて2種類有ると説明させて頂きましたが、その根本的な原因について、少し掘り下げて触れて行きます。

 

加齢や生活週間が原因での頭頂部への影響について

男性は30歳を超えた頃から身体が急激に酸化していき、新陳代謝の低下や血行不良が起きます。

現在20代中頃の方であっても、お惣菜やお菓子、ビール等の「酸化した物」を体内に入れる事で、体内の酸化は加速し、急激に老化してしまいます。

 

食品の酸化についてですが、調理後放置した物はほぼ確実に酸化してしまい、それを毎日摂取した場合は、他の方よりも身体全身が酸化していると言う事です。

もちろん、偏った食事や喫煙(副流煙も含む)、飲酒やストレス等も頭頂部へと大きな影響を与えます。

 

頭皮に対して必要な栄養や血行不良を改善する効果の期待出来る育毛剤が特に有効で、内側からは米や牡蠣等に含まれている亜鉛や、豆腐や納豆等に含まれているタンパク質、海草等に含まれているミネラル等を積極的に摂る事も有効です。

 

ブブカ等の本当の意味で効果の期待出来る育毛剤を使用するだけでは無く、並行して食事環境も改善する事で、発毛をより確実な物にしてくれます。

 

「ジヒドロテストステロン」が原因での頭頂部への影響について

特に生え際や頭頂部は「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる男性ホルモンに影響され易いです。

この男性ホルモンが俗に言う「脱毛ホルモン」と呼ばれている物質です。

 

主に体内の睾丸部分や腎臓で生成され、体質やストレス等が原因でも増加します。

より具体的に言うと、「5αリダクターゼ」と、「テストステロン」と言うホルモンが結合する事によって生成される男性ホルモンです。

 

「5αリダクターゼ」と言う還元酵素の生成をどれだけ抑える事が出来るのかが重要です。

 

頭頂部の薄毛や抜け毛となる「5αリダクターゼ」を抑制する為には?

「5αリダクターゼ」は「還元酵素」と呼ばれる物質です。

食べ物を吸収しやすいように分解したり、身体の新陳代謝等に必要な「酵素」の一種です。

 

頭頂部へと影響が出てしまう位活発に生成されてしまった場合、自力で抑えこむ為にはある程度の時間が必要です。

「ヘアサイクル」の関係から、変化が表れる頃は、ある程度悪化してしまってからと言う事です。

 

ブブカが頭頂部の薄毛や抜け毛で悩んでいる方に対しても人気が高い理由は、「5αリダクターゼ」の生成を阻害する働きが有る「オウゴンエキス」が含まれている事等も挙げられます。

もちろん、副作用や危険性等の心配は有りません。

 


「オウゴンエキス」には「ジヒドロテストステロン」の生成を77%以上阻害する事が出来ると言った研究結果も有り、頭頂部や生え際等の薄毛に対しての効果が期待されている成分です。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ