ブブカの付け方について【育毛サロンで教えて頂いた方法】

<スポンサーリンク>  
ブブカの付け方について【育毛サロンで教えて頂いた方法】

ブブカの付け方についてですが、スポイト状の特徴的なノズルですので、あまり付け過ぎないようにするのがポイントです。

初めて育毛剤を使用される方に多いのですが、付け方が分からずに頭皮がびしょびしょになる位着けてしまう人が意外と多いです。

 

ブブカの育毛成分は非常に頭皮に浸透しやすい性質の成分が中心です。

頭皮をしっとりと湿らせるように用法と容量を守るだけで十分効果を引き出す事が可能です。

 

それよりも、ブブカを使用する前にしっかりと頭皮を蒸らす事で、毛根の奥の奥にまでしっかりと浸透させる事を意識しておく事が重要です。

浸透させる為の「下地作り」が大切です。

 

◯ ブブカの付け方の前に 【重要】

 

ブブカの付け方と回数について

最近の育毛剤に関してもほとんど見かけにくく成りましたが、ブブカにも育毛剤特有の嫌な臭いはもちろん有りません。

通勤や勤務中等も気にする必要が有りませんので、朝と夜の1日2回を目安に使用して頂くだけでも問題有りません。

 

朝に関しては忙しくて難しいかも知れませんが、おしぼりやバスタオル等に水を含ませたものを電子レンジで少し温かい程度に加熱し、頭に巻いて頭皮を5分程度蒸らしてからブブカを使用するとより効果的です。

 

生え際や頭頂部の薄毛が気になる方は、患部のみ着ける付け方より、もう少し広い範囲に染み込ませるように着けた方が良い場合が多いです。

 

生え際や頭頂部が薄くなって来ていると言う事は、その部分に「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる脱毛効果の高い男性ホルモンが過剰分泌されてしまっていると言う事です。

 

特にその部分は皮膚が薄く繊細ですので、影響を受け易いです。

患部よりもやや広めの範囲で使用する付け方の方が長期的に見ると良いとされている理由です。

 

① ブブカの使用について 【入浴前に頭皮を開く】

ブブカに限らず、育毛剤の付け方を正しく理解しているかどうかは重要です。

正しく使用出来ている筈なのに、なかなか効果の出にくい人には共通点が有ります。

 

入浴前の蒸らし等で頭皮を開き、下地作りが正しく出来ていないからです。

もちろん個人差は有るとは思いますが、薄毛で悩んでいる人の多くは、入浴時間が短い(10分~20分程度)場合が多いです。

 

どれだけブブカの育毛成分が有効的だとしても、しっかりと毛根まで浸透出来ていないと、それだけ効果を実感するまでに時間が必要になってしまいます。

特に頭皮の薄毛や抜け毛で悩む方は、「新陳代謝」が低く「血行不良」も起きてしまっている場合が多いです。

 

入浴前の蒸らし等で頭皮を柔らかくし、ブブカを適量使用する事によって、しっかりと浸透させてから入浴する必要が有ります。

 

② ブブカの使用について 【すすぎに関して】

私自身も育毛サロンで指摘された事が有りますが、薄毛で悩んでいる方の多くは、スカルプシャンプー等の洗浄力が非常に強いシャンプーを選んでしまいがちです。

髪の洗い過ぎが原因で頭皮にダメージを与え過ぎてしまっている場合が多いです。

 

ブブカはどちらかと言うと、乾燥肌や敏感肌等のデリケートな頭皮環境の人に向いています。

「無添加の石鹸シャンプー」「敏感肌専用シャンプー」を選ぶようにするのが望ましく、価格も良心的な物が多いです。

 

すすぎに関してですが、お湯が熱いと感じる位の温度ですすいでしまったり、頭皮に直接強いシャワーを当てるのは危険です。

水は中性で頭皮等の肌は弱酸性なので、頭皮に強く当てるだけでも負担がかかります。

 

また、頭皮や毛穴に雑菌が繁殖しやすい環境になる可能性が高いです。

優しい強さで温かく感じる程度のシャワーで洗髪時間の約3倍以上はしっかりと洗い流して下さい。

 

シャンプーが残ると雑菌等が増殖してしまいますし、炎症等の原因になります。
もし、使い方が気になる場合は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

③ 入浴後のブブカの付け方について

入浴後は体温が上がり、湯気と共に頭皮の潤いも蒸発してしまいます。

出来るだけ素早く髪を乾かしてブブカ等の育毛剤を使用する方が良いです。

 


ドライヤーに関しても、髪を乾かす事を目的として頭皮に熱風を当てないようにする必要が有り、しっかりと保湿する事が重要です。

付け方に関しても、頭皮がしっかりと潤う事を意識する量が適切で、患部が不安な場合は患部のみ少しだけ補充するような感じで十分です。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ