プランテルの成分について 何がどう効くのか

<スポンサーリンク>  
プランテルの成分について 何がどう効くのか

プランテルは「黄金比トリプル発毛増進構造」と言う黄金比率を忠実に再現した育毛剤です。

センブリエキス、セファランチン、グリチルリチン酸2kの発毛有効成分を、独自の比率で配合する事によって、毛髪周期を修正して改善していく働きが期待出来ます。

 

加齢と共に毛髪周期が乱れてしまいます。

そのサイクルについて触れさせて頂きます。

 

健康な毛髪サイクルの場合

①成長期→ ②移行期→ ③退行期→ ④休止期

と言うのが自然な流れになります。

 

① 毛根に毛が生え始める時期です。

② 毛自体が太くしっかりとした毛に成長していく時期です。

③ 文字通り、ゆっくりと細く水やりされていない草のように枯れた状態になります。

④ 元の毛根だけに近い状態になります。

 

そして①~④になり、また④から①へと繰り返されて行くのが正常な毛髪周期です。

 

毛髪周期が乱れてしまった場合

① 成長期→ ④ 休止期と言った流れになり、毛髪がしっかりと太く成長する「②移行期」「③退行期」が無いまま、抜けてしまうと言う事が起こってしまいます。

 

このままだと、産毛のように毛先が細く弱々しい毛しか生えて来ず、次第にこの産毛のような毛の比率が広がって来てしまう可能性が高いです。

これが、典型的なM字型の例ですね。

 

プランテルの3つの育毛成分について

プランテルには毛髪周期の乱れを正す為に有効だと言われている「センブリエキス」「セファランチン」「グリチルリチン酸2K」等の有効成分が含まれています。

 

プランテルの育毛成分 センブリエキスについて

プランテルに含まれているセンブリは、健康食品やサプリメント等にも幅広く利用されています。

 

様々な商品や食品に採用されていますので、ご存知の方も多いと思います。

育毛剤に使用される場合、センブリには血管を拡張して血流を良くする働きが期待出来ます。

 

特にM字型は、脂っこい食事や血行不良等が原因で、毛細血管まで血液が流れていない場合が多く、血管を拡張させて毛細血管まで血液を行き渡らせる事は非常に有効的です。

また、細胞分裂のサイクルを活発にし、育毛に必要不可欠な毛母細胞の活発化を促す働きも期待出来ます。

 

プランテルの育毛成分 セファランチンについて

プランテルに含まれているセファランチンは、M字型だけでは無く、ストレス等による脱毛に対しても効果が期待出来るとして、医師が処方する薬に含まれている成分として有名です。

 

センブリエキスと同じように血管を拡張する効果が有り、免疫力を向上させる効果も期待出来ます。

更に、血液を作りだす働きも有り、育毛を促進する為には必要な成分です。
一番賢く購入出来る店舗をお探しの場合は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

プランテルの育毛成分 グリチルリチン酸2kについて

プランテルに含まれているグリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウムとも呼びます)は、薬草の1つである「甘草(またはリコリス)」の根茎に含まれている成分を抽出した成分です。

 

非常に水に溶けやすいと言う性質が有ります。

グリチルリチン酸2kには、炎症を抑える働きも期待出来ます。

 


この炎症を抑える働きはM字型等には非常に有効的で、様々な頭皮トラブル(油脂つまりや痒み等)を予防や改善する為に有効的です。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ