ミノキシジルのエビデンスと服薬の危険性に関して

<スポンサーリンク>  
ミノキシジルのエビデンスと服薬の危険性に関して

ミノキシジルは開発当時は、高血圧の治療薬として利用され、血管の拡張をする為に開発された薬です。

当初は高血圧を治療する内服薬として利用されて来ましたが、脱毛症からの回復や育毛に対しての確かなエビデンスが認められ、当時は内服薬としても利用されて来ました。

 

ですが、内服薬と利用する場合に深刻な副作用も発見されました。

現在では頭皮への散布目的以外に利用される事は有りません。

 

未だに、薄毛や脱毛の治療薬としての知名度が高いですね。

エビデンスが有るミノキシジルですが、使用する場合にはポイントや注意点が有りますので、是非参考にして頂けると幸いです。

 

ミノキシジルは量と関係して来るのか

医学的にもエビデンスが認められている事も有り、ミノキシジルを大量に服薬しまう人が増加しています。

その原因としては、インターネット等の通販で気軽に手に入ってしまった事と、含有量が多い方が効くと言う誤解です。

 

ですが、ミノキシジルはある一定量以上を摂取したとしても特に効果が倍増すると言う事は無いと言う意見が多いのが実際の所です。

逆に深刻な副作用で悩まされる方も居られる位です。

 

個人で購入される場合は、

◯ 必ず日本での使用が認められている商品を使用する事

◯ 信頼の出来る会社が販売している商品を使用する事

◯ 服用する場合は用法や容量は必ず守る事

 

最近ではミノキシジルの内服薬を簡単にてに入れる事が可能ですが、日本では「未認可」ですので注意して下さい。

 

エビデンスと副作用?

 

ミノキシジルのエビデンス

◯ 発毛の促進

◯ 脱毛症の改善

◯ 血管の拡張

 

ミノキシジルの副作用

◯ 頭皮の異常(ニキビ・痒み)

◯ 重度の低血圧

◯ 併用する薬が過剰に効き過ぎてしまう

◯ 血管の拡張による身体の異常

◯ 頭痛

◯ 男性機能の著しい低下

◯ 脈拍の異常

◯ 痺れ

◯ 胸の不快感

◯ 体重の変化やむくみ

 

ミノキシジルを服薬する場合

現在、インターネットや雑誌等で育毛や脱毛を改善、予防する情報が沢山有りますよね。

その情報を肯定するサイトや否定するサイトが数多く存在しています。

どの情報を信じ、実行するかはご自身の判断にお任せします。

 

ですが、

◯ ミノキシジルの育毛目的の内服薬は、日本での使用が医学的に認められていない事。

◯ 現在ではアメリカでも、育毛目的で処方される事は殆どありません。

◯ 海外から個人輸入出来るミノキシジルは「高血圧」の薬で、ジェネリック医薬品です。

 

冷静に考えてみると分かる事ですが、エビデンスが認められたような強い医薬品を個人の判断で服薬するのは、非常に危険です。

 

ミノキシジルは時代遅れ?

最近は育毛や発毛に関する研究も急激に進んで来ていて、「M−034」と呼ばれる有効成分がミノキシジルと同等かそれ以上の発毛・育毛効果が期待出来ると言う研究結果も出ています。

 

インターネット等で「M- 034」と検索すると、沢山の育毛剤が出て来ると思います。

確かに、「M−034」を配合した育毛剤は沢山存在しますが、出来れば一番含有量が多い物を選ぶようにして下さい。

 

「M−034使用」と記載されているだけの育毛剤も多いからです。

その場合は「ブブカ」が非常に有効的です。

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事をご覧いただけると幸いです。

 

下部分に有る公式サイトを参照して頂くと分かりやすいのですが、現在市販されている育毛剤の中で一番「M- 034」の含有量が多く、発毛や育毛に必要とされている有効成分も配合されています。

 


興味の有る方は、参考にして下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ