サクセス育毛トニックについて|成分を徹底検証

<スポンサーリンク>  
サクセス育毛トニックについて|成分を徹底検証

サクセス育毛トニックは、「花王」が販売している安心感も有り、テレビCMや雑誌等、各種メディアにも積極的に宣伝されていますね。

最大手通販サイト「Amazon」の「育毛・養毛剤のベストセラー」の第3位になる位です。

 

suc

 

花王やサクセスについて、今更説明の必要は無いと思いますので、まずは、どのような悩みに適した育毛剤で、毎日継続して使用しても安心出来る成分なのかについて検証していきます。

 

花王公式サイトはこちらから>>http://www.kao.com/jp/

 

kao

 

サクセス育毛トニックはどんな悩みに適している?

まず、誤解の無いよう最初に説明させて頂きますが、「サクセス薬用育毛トニック」は、育毛剤では有りません。

これは、花王の公式サイトからも確認出来ます。

 

suc2

 

サクセスの育毛剤を購入したい方は、「バイタルチャージ薬用育毛剤」もしくは「薬用毛髪活性」を購入して下さい。

サクセス育毛トニックは公式サイトにも記載されている通り、抜け毛が気になって来た悩みに対し、抜け毛を起きにくくする為の栄養を与える事が目的の育毛剤です。

 

「男性型脱毛症(AGA)」に対して有効とは考えにくいです。

ですので、「最近、髪の毛が抜ける量が増えて来たように感じる」方に適していて、本格的な抜け毛や脱毛に対して適切だとは考えにくいです。

 

抜け始めや予防に適しています。

当たり前の話ですが、「生える」とは記載されていません。

 

suc3

 

サクセス育毛トニックの全成分について

2015年3月以前に販売されている物は、現在市販されている商品と一部成分が異なるようです。

 

◯「トランス−3、4’−ジメチル−3−ヒドロキシフラバノン」

「t−フラバノン」と呼ばれる「花王」の独自開発成分です。

独自成分と言う事も有り、期待されている成分です。

 

◯「ニコチン酸アミド」

ビタミンの一種ですので、安全面的にも特に問題は有りません。

 

◯「ピロクトンオラミン」

育毛剤に利用される事が多く有効成分の一つで、雑菌等を防ぐ等「殺菌」目的で使用される事も多いです。

乾燥肌や敏感肌に使用しても特に意味は無く、頭皮が脂で覆われやすい方に対しては有効です。

 

◯「エタノール」◯「水」◯「二酸化炭素」

説明の必要も無く、問題も有りません。

 

◯「ユーカリエキス」

ユーカリの葉(フトモモ科)から抽出したエキスです。

血行促進だけでは無く、炎症や嫌な臭いの原因を抑える働きが期待出来る成分です。

 

◯「黄杞エキス」

主に中国原産のクルミ科の木で、葉が使用されていると考えられます。

「コウキエキス」と記載されている場合も有ります。

 

肌コンディションを整え、炎症等も抑える働きが期待出来ます。

「花王」が育毛効果に注目している成分の一つです。

 

◯「トウガラシエキス」

「唐辛子」からもイメージ出来るように、「刺激」「殺菌」が目的で使用されていると思われます。

 

◯「メントール」

一般的な香料です。

 

◯「dl−カンフル」

サクセス製品や筋肉痛の緩和医等を使用した時に「ヒヤッ」と感じる「冷感刺激成分」です。

体質によっては、発疹や痒みが出てしまう可能性も有り、皮膚が赤くなる場合も有ります。

 

◯「BG」

「ブチレングリコール」の略称で、科学的に合成された成分の一つです。

「防腐」効果が目的ですが、比較的頭皮への刺激が少なく、保湿等も期待出来ます。

 

◯「ヒドロキシプロピルセルロース」

恐らく「粘性」の為に使用されている筈です。

現在市販されている薬や健康食品の「カプセル状」表面の主成分として用いられる事が殆どです。

 

◯「イソノナン酸イソノニル」

皮膚への浸透性が高い「油性」の成分です。

肌への刺激も低く、皮膚からの水分蒸発を抑え、皮膚を柔らかくする「エモリエント効果」等が期待出来ます。

 

◯「乳酸」◯「無水エタノール」

特に説明の必要は無いと思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ