分け目が赤いのは危険?「紅斑」って何?対処法について

<スポンサーリンク>  
分け目が赤いのは危険?「紅斑」って何?対処法について

分け目が赤くなる原因は、「生活習慣」「炎症」が多いです。

特に頭皮は皮膚が薄く、身体の内側や外側の変化に対して特に敏感です。

 

その為、皮膚が薄く繊細な表面部分は、比較的簡単に炎症を起こし、毛細血管等も切れ易いです。

 

生活習慣は分け目へどれ位影響するのか

分け目が赤くなる原因と生活習慣はなかなか結びつきにくいかも知れません。

顔等の肌同様、コンディションが低下してしまうと、今まで何の問題も無かった事に対しても過敏に反応してしまうようになります。

 

もちろん、生活習慣には「ストレス」等も大きく関係してしまいます。

ストレスが蓄積されてしまった場合、知らない内に分け目が赤くなってしまったと言う場合も少なく有りません。

 

炎症による分け目への影響

先ほどの生活習慣による分け目への影響にも関係して来るのですが、自分の頭皮に合わないシャンプーやリンス、カラーリング剤等を使用してしまった場合、分け目辺りに炎症が目立つようになります。

 

最近では、「敏感肌用」として販売されていたとしても、決して肌に優しく無いヘアケア商品も多いので注意が必要です。

 

分け目が赤くなる状態を放置してしまうとどうなるのか

当然ながら、頭皮も皮膚に変わりませんので、赤く変化してしまっているのを放置してしまうのは良くありません。

 

頭皮が炎症してしまっていると分け目等のように、常に髪の毛が引っ張られていたり、紫外線等の影響を受けやすい場所はそのまま放置してしまうと治りが遅く、悪化してしまう可能性が高いです。

 

では、健康的な分け目とはどのような状態なのか

強い日差し等で日焼けしてしまった状態の場合は別ですが、一般的に健康的な頭皮と言うのは肌色では無く、やや白めの肌質の状態です。

もちろん、丸刈り経験や元々の肌質等によっても大きく関係します。

 

健康な分け目なのかを頭皮の色以外に確認する方法は、親指の腹等で少し抑えて離した時、スッと色が元に戻るかどうかでも確認出来ます。

また、色の変化が無かったり、ブヨっとした肌質に変化してしまう、もしくは固くなってしまう等の変化が有る場合は得に注意が必要です。

 

「紅斑」が原因で分け目が赤くなる場合

「紅斑(こうはん)」と言う症状は、非常にざっくりとした名称の一つです。

何やら聞き慣れない事を言って無駄に不安を煽りたい頭皮サロン等がよく使う言葉なのですが、文字通り頭皮が赤く変色してしまう事を指します。

 

頭皮が赤くなる事を指しますので、頭皮の異変が起こる前に周辺環境にどのような変化が有ったかを突き止める事が大切です。

 

分け目が赤い場合の対処法

食事やストレス、睡眠時間等の内的な要因で分け目が赤くなってしまっている場合は、肌に良い緑黄色野菜やタンパク質等のバランスの良い食事、ストレス解消や睡眠時間の確保等で徐々にですが、改善する事が可能です。

 

より早く改善する為には、シャンプーをより低刺激な物に変えたり、ワックスを控える等、分け目に対して出来るだけ刺激を与えないようにする必要が有ります。

 

また、育毛目的だけでは無く、頭皮環境を適切な状態に改善する事が出来る「育毛剤」も有ります。

分け目のケアに適した育毛剤を使用するのが効果的です。

 

顔のスキンケアと同じで頭皮も日々のケアが大切だったりします。

分け目周辺の頭皮ケアに適した育毛剤を探されている場合、ブブカを参考にされると良いと思います。

 

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事も参考にして頂けると幸いです。

ブブカには頭皮ケアに有効的な成分だけでは無く、育毛や発毛に対しても有効な成分が豊富に含まれているのが特徴です。



 

もし、ご自身でブリーチ等をしてしまっていたり、海水浴等で強い日差しを浴びる等をしてしまって炎症が酷くなってしまっている場合、心配なようでしたら皮膚科等を受診する事をおすすめします。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

One Response to “分け目が赤いのは危険?「紅斑」って何?対処法について”

  1. […] 分け目が赤いのは危険?「紅斑」って何?対処法について | 育毛剤検証隊 分け目が赤くなる原因として多いのは、「生活習慣」「炎症」です。 特に頭皮は皮膚が薄いので、内側や外側 […]

コメントを残す

このページの先頭へ