抜け毛が先細りしてしまう本当の理由と「ヘアサイクル」の改善について

<スポンサーリンク>  
抜け毛が先細りしてしまう本当の理由と「ヘアサイクル」の改善について

抜け毛が先細りしてしまう原因は、頭皮や肌に行き渡る筈の栄養等が、何らかの原因で行き渡たっていない事だと考えられます。

特に女性に多いのですが、元々生え際辺りに体毛のような産毛が生えているのなら問題有りません。

 

ですが、以前は無かった筈なのに気が付いたら生え際辺りに先細りして短い毛が生え、増えて来た場合は出来るだけ早く適切なケアが出来るか否かが重要です。

数年後の抜け毛や生え際、頭頂部の頭皮環境が大きく異なります。

 

抜け毛が先細りしたら「育毛サロン」や「病院」へ行くべきなのか?

 

◯ 抜け毛の本数について

比較的奔放な友人達との待ち合わせ時間のように、抜け毛も気にしだすと、それが普通であっても多く感じてしまうようになります。

 

冬は頭皮だけでは無く、身体全身の新陳代謝が低下します。

夏は頭皮の新陳代謝が向上しますので、どうしても上下してしまいます。

 

平均して100本程度なら許容範囲内で、洗髪中には50本以上は抜けるのが普通です。

これは、髪の長さにも関係して来ますので、あまり神経質になるとストレスによって進行が早くなる場合も有ります。

 

◯ 先細りした抜け毛について

抜け毛が自分の本来の髪の毛と同じ長さの物ばかりで、キレイな筒状でしたら特に問題は有りません。

 

ですが、

● 途中で切れたように短い抜け毛が大半を占めている。

● くせっ毛でも内のに変に「くせ」がかかった状態である。

● 細くて弱々しく先細りした体毛のような抜け毛が多くなって来た

これらに当て嵌る場合、適切な頭皮ケア等が必要です。

 

早急に手を打つべき抜け毛と頭皮について

 

● 先細りしてしまった短い抜け毛

抜け毛の原因は色々有りますが、明らかに短い毛ばかりが抜けてしまっている場合、「ヘアサイクル」自体が乱れてしまっていると考えた方が良いです。

 

この状態の抜け毛を放置してしまった場合、抜け毛の長さが徐々に短くなって来るのが特長で、最終的には完全に産毛化した状態の抜け毛が目立つようになります。

この頃になると頭皮の生え際や頭頂部周辺の髪の毛は薄くなり、本格的な脱毛が始まってしまいます。

 

頭皮環境について

「ヘアサイクル」が乱れて抜け毛が目立つ場合、同時に頭皮も何かしらのトラブルが起きてしまっている場合が多いです。

 

◯ 頭皮や生え際等の抜け毛が目立つ場所が赤い

特に敏感肌や乾燥肌、アトピーやアレルギー体質の方に多いですが、頭皮にとっては強すぎる洗髪やシャンプー、育毛剤等を使用してしまっている場合、炎症を起こして赤くなってしまっている可能性が高いです。

 

◯ フケやかゆみが気になる

頭皮の洗い過ぎや体質、食生活等が原因で炎症を起こしてしまう事が一般的です。

 

ですが、稀に「脂漏性脱毛症」を起こしている可能性も有ります。

昔から何もしていないのに髪が湿っているような頭皮環境で無ければ、現在使用されているシャンプーや育毛剤をより優しいタイプに変更してみるのも一つの方法です。

 

また、食生活自体に偏りが有り、皮膚に必要な栄養が無ければ、無意識的に身体を維持する為に、髪の毛や骨に行き渡るべき栄養を後回しにしてしまう性質が有ります。

抜け毛が先細りしてしまう事には必ず原因が有りますので、意識して行ってみると良いです。

 

「ヘアサイクル」の乱れを整える場合、適切な栄養が含まれている育毛剤を使用する事が有効的です。

頭皮への栄養補給には「M- 034」「グリチルリチン酸ジカリウム」「センブリエキス」「ジフェンヒドラミンHC」等、有効成分がバランス良く配合された「ブブカ」が有効です。

 


もし、使い方が気になる方が居られましたら、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事をご覧頂けると幸いです。

真剣に頭皮ケアを行いたい方は、参考にしてみて下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ