抜け毛の根元が細い場合効果があるのは?

<スポンサーリンク>  
抜け毛の根元が細い場合効果があるのは?

洗髪の抜け毛の本数は、一日の抜け毛の総数の約半分以上だと言われています。

もちろん、季節の変わり目やストレス等の外的な環境によっても大きく変化してしまいますし、食生活やホルモンバランスの変化等にも影響され易いです。

 

ほぼ共通して言える事は、何かしらの原因で毛根や頭皮に負担が蓄積していき、「抜け毛」と言う形で現れてしまっている事です。

元の状態に戻すには、ある一定以上の期間が必ず必要になります。

 

洗髪の抜け毛の本数よりも重要な事について

◯ 頭皮以外の身体の変化 【内側】

洗髪中に抜け毛の本数が増えて来た事とは関係無く、何となくイライラしてしまってり、何かしらの精神的な変化が有る場合、「自立神経」や「ホルモンバランス」が崩れて来てしまって来ている可能性が高いです。

 

「自立神経」や「ホルモンバランス」が崩れてしまうと、直接的な薄毛の原因になります。

また、強いストレスや無意識レベルのストレスが蓄積してしまう事によっても、血流の悪化が起こり、頭皮にとって必要な血液や酸素等が慢性的に不足した状態が起こり、毛根が抜けやすい頭皮環境になり易いです。

 

この状態を放置してしまった場合、本格的な薄毛や抜け毛になってしまいます。

生活環境の改善はもちろん有効ですが、頭皮の血行を良くし、必要な栄養を毛根まで浸透させる事の出来る育毛剤を使用するとより一層効率的です。

 

◯ 頭皮以外の身体の変化 【外側】

ストレスや食生活等が原因で、頭皮に必要な栄養や血液が行き渡っていない状態が続いてしまうと、頭皮を軽く触った時に以前よりも固く感じてしまう状態に変質したり、慢性的な血行不良によって、他の場所よりも冷たくなったり、頭皮の乾燥や肌荒れが起きてしまう事が多いです。

 

この状態は、洗髪中の抜け毛の本数の急激な増加だけでは無く、頭皮のかゆみや短い状態でそれ以上伸びなくなる毛が増えたり、生え際や頭頂部の抜け毛が目立ってしまったりします。

 

食生活等の生活環境だけでは無く、加齢や体質等も深く関係してしまう場合が多く、今までや以前と同じ生活をしていても改善出来ない場合が多いです。

年齢や体質に合った頭皮ケアが必要になって来ます。

 

◯ 加齢について

男女共に30歳を過ぎた辺りから、身体の老化は急激に進行していき、身体全体的に血行不良が起きてしまいます。

 

男性の場合でしたら、「ジヒドロテストステロン」と呼ばれる脱毛ホルモンが精製されやすい時期にさしかかります。

女性の場合でしたら、「ヘアサイクルの乱れ」が起きやすい時期にさしかかります。

 

洗髪中の抜け毛の本数が増加してしまう以前と同じ状況では、根本的な改善をする事は難しくなって来ます。

運動や入浴時間を増やして血行を促進したり、髪や皮膚に良い食品を積極的に摂る必要が有ります。

 

◯ 食生活の変化について

私達日本人の消化酵素等は、長い歴史の中で日本食に適した状態になっています。

ジャンクフードやお惣菜のような「食事の欧米化」は、生活習慣病のように、何かしらの影響が出てしまう場合が多いです。

 

特に食事による油やコレステロール等は毛細血管に詰まりやすく、先ほどでも触れさせて頂きましたように、加齢によって新陳代謝が低下した状態だと、血管に蓄積されてしまう一方です。

 

抜け毛の毛根が細い等のトラブルは、頭皮や毛根に直接働きかける事が有効です。

食事や生活環境を改善する事も有効的ですが、どうしても時間が必要ですし、なかなか効果が出ない場合も有ります。

 

そう言った場合には、育毛剤を直接頭皮に浸透させる事で活性化させた方が効率的で、「M- 034」と呼ばれる有効成分が良いです。

この成分は、頭皮に必要な栄養だけでは無く、頭皮を保湿する効果が高いです。

 

「M- 034」が一番多く含まれているのが「ブブカ」と言う育毛剤です。

使い方が気になる場合は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

「ブブカ」は他の「M- 034」を使用した育毛剤と比較しても、純度と浸透力が全く違いまるので、抜け毛が起きにくい頭皮環境に改善する事が可能です。

将来的に生え際や頭頂部の薄毛を予防して行きたいと言う場合にも有効的です。

 


安心して使用する事が出来ます。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ