抜け毛の根本が細い!この状況を見極めると大きな違いがある?

<スポンサーリンク>  
抜け毛の根本が細い!この状況を見極めると大きな違いがある?

最近、急激に髪の毛が抜けてしまう事で悩んでいませんか?

抜け毛の原因によっては、新陳代謝の変化等が原因ですので、特に心配する事は無いと言う場合も有ります。

 

ですが、急激に髪の毛が抜けて来てしまっている時に重要な事は、感情に任せて行動しない事です。

冷静に原因を判断し、適切なケアを行う事で改善出来る可能性が高くなります。

 

抜け毛の根本が細くても、焦って行動するべきで無いケースも多々あります

とある方は、不安にかられてしまい、テレビコマーシャルで見た育毛サロンに駆け込んでしまいました。

そこまで資金を投資出来ないにも関わらず、育毛サロンのスタッフに勧められるままに半年の育毛コースをローンで申し込まされ、経済状態は火車です。

 

しかも髪の毛は生えて来る事は有りません。

では、何が間違っていたのでしょうか?

考えられるポイントは2点です。

 

1、病院ではない育毛サロンに行ってしまった。

2、自分の抜け毛の症状を把握せずに行動した。

 

一つ目の間違いは、育毛サロンに行く事を選択してしまった事です。

実は、育毛サロンのスタッフは、医師のような洋服を着ていますが、基本無資格者です。

 

そんな資格、怪しい民間の資格位しか存在しませんからね。

処方箋を出す事も出来ませんし、出来る事はマッサージと頭皮に良いとされている成分を頭皮に塗る事、サプリメントを販売する事です。

 

正直な所、私達でも普通に購入出来る範囲のものを使用する位です。

もちろん、「ミノキシジル」は医薬品なので処方出来ません。

 

正解は皮膚科などの病院に行く事です。

ですが、現在はインターネットの普及や毛髪の研究は進んでいますので、抜け毛の傾向と対策は、自分でも調べる事が出来ます。

 

一番リーズナブルな方法は、自分で抜け毛の症状を把握し、適切な対策を採る事です。

では、抜けてしまった毛の形状を見てみましょう。

 

◯ どんな形をしているのかどうか

◯ 細い毛かどうかと、他の毛と比べてどれ位細いか

 ◯ 髪質は他と同じかどうか、根元が細いかどうか

 

◯ 毛根の形はどうなっているかどうか

◯ 色はどう違うかどうか

 

抜け毛の形を自分で分析すると、何が原因か分かる筈です。

改善の余地があり、早めに対策を練った方が良い状態は、まだどうにか毛根に膨らみが有りますが、髪全体が細い、もしくは根元が細い状態の抜け毛です。

 

このような根元が細い抜け毛は、明らかに脱毛症を発症しています。

ですが、もう細すぎて毛根も死滅してしまっている状態の抜け毛は、残念ながら改善の余地が有りません。

 

理由は、頭皮側の毛根のヘアサイクルに異常が有り、ほぼ死滅してしまっているからです。

根元が細い場合であっても、まだ少しでも根元に膨らみが有るのでしたら、改善出来る可能性は十分に有ります。

 

そのまま放置してしまうと危険で、数ヶ月以上放置しないようにする方が良いです。

次の毛周期にはもう生えて来なくなってしまうからです。

 

育毛剤は本当に抜け毛に効果が有るのか

一般に本当の意味で信頼出来る育毛剤を選びに失敗する事が無ければ、弱った頭皮の血行を回復させる事は可能です。

症状の悪化を食い止め、太い髪を取り戻す事も可能です。

 

ですが、抜け毛の根元がもう細くなって球体の毛根が識別する事が困難な状態、変色して根元が黒く変色してしまっている位進行してしまった場合は、育毛剤であっても難しいかもしれません。

 

差し支えなければ、一度皮膚科に相談してみた方が良いですね。

もし、将来の事を考えて適切なケアを行いたい場合は、ブブカが有効的です。

 

もし、使い方が気になる場合は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

理由は、頭皮ケアに必要な成分がバランス良く含まれている事、実績が高くリピート率が高い事、厚生労働省が認可した育毛成分「M- 034」が一番多く含まれている事です。

 


真剣に頭皮ケアを行いたい方は、参考にしてみて下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ