抜け毛の毛根が小さい場合は?【若年性脱毛症の特徴】

<スポンサーリンク>  
抜け毛の毛根が小さい場合は?【若年性脱毛症の特徴】

抜け毛の毛根が小さい場合、「若年性脱毛症」の可能性が高いです。

出来るだけ迅速な対応が必要になります。

 

抜け毛の毛根が小さい場合はどうすれば良いのか

まだ20代なのに関わらず、髪の毛が薄くなって来てしまったように感じる場合が有ります。

10代であったとしても、髪の毛が薄くなって来る場合も十分に起こりうる事です。

 

細胞的にも成長期にあるのにも関わらず、髪が脱毛してしまうのかが疑問だと思います。

その原因について説明します。

 

◯ 抜け毛の毛根が小さくなる原因について

一つの可能性として「若年性脱毛症」を発症している可能性が考えられます。

自分が若年性脱毛症に掛かっているかは、どうしたら分かるのか不安だと思います。

 

その場合は、抜け毛の状態をよく確認してみると分かる場合が多いです。

以下のような状況の場合、若年性脱毛症の可能性が高いです。

 

特徴について当てはまらないか確認して頂けると幸いです。

 

・ 抜け毛の毛根が小さい

・ 産毛のような抜け毛も含まれている

・ 親も(特に母方の家系に人たち)若いときから髪が薄い

・ 過去もしくは現在進行形の形で脱毛癖がある

・ とても強いストレスを抱えている

 

これらの特徴の全て、もしくは3つ程が当て嵌ってしまう場合、若年性脱毛症を疑う必要が有ります。

これらの特徴は相互に関連しています。

 

抜け毛と若年性脱毛症の関連性について

若年性脱毛症は遺伝子的な物が原因である場合も少なくありません。

ですが、兄は発症し、弟は発祥しないというケースも有るので一概には言えません。

 

どちらにしても親が若くからはげていた場合、息子(または娘)も若い間から脱毛してしまう可能性は高くなります。

発症するかどうかは、ホルモンなどの内分泌系にも大きく左右されます。

 

男性の場合、男性ホルモンが異常に増えた事によって、発症してしまう事も有ります。

女性の場合であっても、男性ホルモンが関係しているとも言われています。

 

偏った食生活を続けてしまった場合や、男性のような攻撃的な思考過程を持っている場合、女性の中にも元々存在する男性ホルモンが活性化する事が有ります。

その結果、男性のような脱毛が若くして生じる事も有ります。

 

若年性脱毛症が発症した場合は、髪を生み出す能力が弱っています。

髪の毛は産毛のように細く、毛根は小さいという特徴が見られる事が多いです。

 

ですが、若年性脱毛症は改善出来る場合が多いです。

理由は簡単で、言い換えるならあなた自身がまだ若いからです。

 

一旦、プラスの循環に修正する事が出来れば、髪の毛はまた太くなります。

多くの場合は、ストレスを緩和させる事、食生活や生活環境を改善する事、頭皮ケアに適した育毛剤を使用する事によって、症状が治まる場合が殆どです。

 

もちろん、一度発症してしまってヘアサイクルを終えてしまった頭皮の毛根は、本来ならば復活させる事は不可能です。

ですが、まだ毛根が小さいだけの毛根からは、強い髪が再び生えてきます。

 

若い内や気が付いた時に、素直に育毛剤を使用した方が良いです。

低活性化してしまった毛根の血行を回復する事によって、再び強く太い髪が生えて来る可能性が高くなります。

 

頭皮ケアに育毛剤を使用する場合は、有効成分がしっかりと配合されたブブカと言う育毛剤を選んだ方が良いです。

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


実績とリピート率が高い事が特徴の一つです。

真剣に頭皮ケアに取り組んで行きたい場合、参考にして下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ