抜け毛の毛根が黒い場合の原因と対処法について

<スポンサーリンク>  
抜け毛の毛根が黒い場合の原因と対処法について

抜け毛の毛根が黒い場合、一体何を疑う必要が有るのか不安だと思います。

なかなかプライベートな話なので相談しにくい事ですので、宜しければ参考にして頂けると幸いです。

 

抜け毛の毛根が黒いと病気のサイン?

以下の症状が当てはまってしまった場合、何らかの頭皮トラブルを発症してしまっている可能性が有りますので、注意して下さい。

 

1、男性型脱毛症(AGA)

男性型と書いていますが、今は女性の方も発症してしまう事が有ります。

症状だけ言うと頭の前頭部、もしくは頂点の部分から脱毛が進んで来る症状の事です。

 

この病気を発症した方の毛根が黒くなってしまう理由について。

それは病気の発症によって髪の毛が成長してしまう前に、髪の毛が途切れている為です。

 

よって、毛根部分が黒いまま抜けると言う事です。

 

2、内臓系疾患

内臓に疾患が有る場合、髪の毛に必要な栄養が行き届か無い事が有ります。

特に、ホルモンを分泌する器官に異常があると、頭髪が十分に育つ前に抜けてしまいます。

 

つまりは毛根が黒い状態で抜けてしまうという事です。

また、リンパ腺の異常という可能性も考えられます。

 

リンパ腺の働きが狂うと、リンパ系の免疫機構が髪の毛を異常攻撃し始めます。

頭皮を敵と認識してしまうと言う事です。

 

よって成長しきっていない髪の毛が抜けてしまい、毛根が黒くなると言う事です。

 

3、頭皮異常

頭皮が炎症を起こしている場合です。

よくあるケースはシャンプーのし過ぎです。

 

面白い理由ですが、原因としては多いです。

その場合、頭が痒いと感じると方はどうするでしょうか?

 

たぶんまだ汚れが残っているからだろうと思って、手やいろいろな道具を使って頭皮をゴシゴシこすります。

実際は汚れが溜まっているのではなく、あまりにも強い擦りにより、頭皮が剥げているのです。

 

よって頭皮はバリアがないので、腫れます。

髪はさらに痒い、体の外内部からの細菌によって炎症が起きてしまいます。

 

その結果、髪は健康に育たず抜けてしまうと言う事です。

 

4、脂の取りすぎ

最後の可能性は髪の毛そのものは実は健康ですが、周りの頭皮から抽出される油脂物質によって髪の毛根が黒く見える場合が有ります。

 

異常に頭皮から油脂物質が出ていると、細菌が溜まるなどして、その油脂物質は黒に変わります。

その変質物質は頭皮に駐在しています。

 

その結果、抜け毛のときに毛根部分に絡み付いて抜けて来てしまいます。

この事が原因で根元部分の黒は、油脂物質の黒になってしまうと言う事です。

 

今回は4つほどあげましたが、まだまだ原因は存在します。

どちらにしても毛根が黒い抜け毛は正常ではありませんので、頭皮を清潔に保ち、育毛剤を使用するなどして早めのケアを心がけましょう。

 

頭皮ケアについて

適切な頭皮ケアを行う場合、直接頭皮に働きかける事が出来る育毛剤が一番効率的です。

育毛剤は色々有りますが、頭皮ケアに適しているのは「ブブカ」と言う育毛剤です。

 

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

理由は頭皮に必要な栄養と頭皮ケアに有効的な成分が一番バランス良く配合されていて、安心して使用出来る事が特徴です。

 


リピート率と実績が高いので、将来の薄毛対策や頭皮ケアを本気で行って行きたい方に参考にして頂きたい育毛剤です。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ