抜け毛の細い毛の割合について 【割合よりも重要な事】 

<スポンサーリンク>  
抜け毛の細い毛の割合について 【割合よりも重要な事】 

抜け毛の細い毛の割合は確かに大切ですが、私達人間の抜け毛は毎日50本以上は抜けてしまいます。

薄毛や抜け毛で悩んでいる方でしなら、100本前後は普通に抜けています。

 

実は、それ位は許容範囲内の話です。

抜けて来た事を気にするべき本数は、1日平均で150本以上抜け出してからです。

 

それに、夏は新陳代謝が活発になり、冬は新陳代謝が低下してしまいます。

季節の変わり目等は抜け毛が多くても、細い毛の割合等はあまり気にするべきでは有りません。

 

ヘアサイクルの関係や新陳代謝、急激なストレス等でいつもよりも多く抜けてしまう事は普通です。

正確なデータを取りたい場合は、何も無い綺麗な空間でのみ生活し、全ての抜け毛を集め、そこから細い毛の割合を見つけ出さ無ければなりません。

 

現実問題難しいですし、正直あまり意味は有りません。

もちろん、神経質とも言える位に抜け毛の割合を数える必要は有りません。

 

より確実に、現在の頭皮状況を見分ける方法について触れていきます。

 

抜け毛の中の細毛の割合よりも確実に頭皮状態を把握する方法

 ◯ 頭皮の表面的な状態について

 

● 白い場合

頭皮が白い場合は、血行不良か炎症等が考えられます。

頭皮を触ってみて冷たく感じるようでしたら、血行不良の可能性が高いです。

 

食生活や新陳代謝の低下等が原因として考えられ、毛髪まで十分な栄養が行き渡らずに抜け毛や薄毛になってしまいます。

 

ヘアサイクル自体が乱れてしまいますので、抜け毛の中に細い毛の割合が増えるようになります。

改善する為には、身体を出来るだけ冷やさない食生活を意識し、入浴中に頭皮マッサージを行う事や、入浴時にしっかりと肩まで浸かるようにする事、頭にタオルをかぶせて蒸らす事等の方法も効果的です。

 

軽くうっすらと出る程度でも全く違いますが、確実に頭皮に汗が出るまで運動する事、血行促進効果のある育毛剤等を使用する事も改善をより確実な物にしてくれます。

 

● 赤い

薄い色~真っ赤な状態まで幅広いですが、頭皮が赤い場合、シャンプー・ヘアワックス・カラーリング剤等が原因でアレルギー反応や炎症を起こしてしまっている事が大半です。

 

シャンプーを出来るだけ弱酸性等の優しいタイプに変更し、洗髪中の刺激も出来るだけ減らす事、皮膚に良い食事を心掛ける事が大切です。

炎症が進行してしまった場合、毛根周辺も炎症を起こしてしまいます。

 

抜け毛が増えて、頭皮全体的に細くて弱い髪の毛が増えてしまう可能性が高いです。

 

● ニキビ

頭皮に出来るニキビも様々です。

顔もそうですが、ニキビが出来てしまう原因の多くは、フケや角質等による「毛穴のつまり」が原因である事が多いです。

 

頭皮に常に脂が浮いてしまう方や、乾燥気味でフケが出やすい方等にも多く、洗い過ぎによる炎症が多いです。

頭皮を無意識的に掻いてしまうと増えてしまいます。

 

頭皮の炎症を抑える働きのあるシャンプーや育毛剤を使用する事で簡単に改善出来る場合が多いです。

 

● フケやかゆみ

先ほどのニキビが出来易い方の特徴と内容が重なってしまいますが、頭皮にフケが出来てしまう場合、かゆみを感じやすい人は何らかの形で頭皮が炎症を起こしてしまっている可能性が高いです。

 

頭皮ケアに有効的な成分が含まれている専用の育毛剤等で適切な頭皮ケアを行う方が、毛髪サイクルが乱れてしまい事、短くて細い毛が増えてしまう事を防ぐ事が出来ます。

 

抜け毛が細くなる等の抜け毛トラブルには、頭皮ケアに適した育毛剤が有効的です。

成分的に言うと「M- 034」と呼ばれる成分が有効的で、ミノキシジルの育毛成分と同等かそれ以上期待出来、天然由来成分なので副作用の心配が無い事やミノキシジルには期待出来ない頭皮ケアが期待出来る等の特徴が有ります。

 

「M- 034」を使用した育毛剤は最近は増加傾向に有りますが、「ブブカ」と言う育毛剤には、一番多く含まれていて、「M- 034」以外にも頭皮ケアに最適な成分が豊富に含まれている事等も魅力です。

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


実績の高い育毛剤で、信頼も高いです。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ