抜け毛(短い毛と太い毛)が大量に起きた場合

<スポンサーリンク>  
抜け毛(短い毛と太い毛)が大量に起きた場合

季節の変わり目や急激なストレス等によって髪の毛が抜けてしまう事は有ると思います。

それは誰でも起こる事で、次のヘアサイクルが来れば、元通り生えて来ます。

 

もし、何らかの異常が原因で抜け毛が起きてしまった場合、深刻な脱毛や薄毛に発展してしまう可能性が有ります。

ですが、大量の抜け毛には、いろいろなケースが考えられ、適切な対処法を行う事で防止する事や改善する事が出来ます。

 

大量の抜け毛のケース

◯ 頭皮の病気によるもの

◯ 頭皮の血行不良によるもの

◯ 細菌による毛根への影響

 

◯ 加齢による新陳代謝等の低下

◯ 体の免疫機能による毛根への影響

◯ 脱毛しやすい家系等のような遺伝によるもの

 

実際の所、自分がどのケースに当て嵌るのかを判断するのは、非常に難しい物だと思います。

 

大量の抜け毛(短い毛と太い毛)が起きる原因

先ほどのケースとして挙げさせて頂いた例は、脱毛の直接の原因です。

何がその症状を生み出すのかというのも色々ですし、数種類のケースが合わさってしまっている場合も有ります。

 

また、内臓の疾患が影響し、ホルモンバランスが崩れる事が原因である場合も有りますし、単純にシャンプーが合わ無かっただけと言うケースも有ります。

 

一般的に一番多いと言われているのがストレスです。

ストレスと脱毛の因果関係は、今の医学や科学では完全に判明されていません。

 

人間の体はあまりにも複雑と言う事です。

しかし、多くの臨床結果が有ります。

 

「このような脱毛の時にはこういう対策が効果があった」というデータです。

それと同じように、素人でも自分の抜け毛の状態によって抜け毛対策をとる事が出来ます。

 

一番簡単で確実な方法は、自分の抜け毛の状態を正しく知る事です。

 

◯ 太い抜け毛か細い抜け毛かどうか

◯ 明らかに短い抜け毛か普通の長さの抜け毛かどうか

 

この判断方法は、ごく簡単なようですが、ある程度原因を見極める為に役立ちます。

 

抜け毛が太い場合

大きく分けて3種類のケース考えられます。

 

1、その抜け毛は、髪の毛のヘアサイクルを終えています

育ちきった状態での抜け毛です。

 

では、なぜ抜けてしまったのでしょうか?

つまり、ヘアサイクルの入れ替わりで抜けてしまっていると言う事です。

 

2、シャンプー等が皮膚に合っていない。

シャンプーに含まれている化学製品が皮膚に悪影響を与ええしまい、炎症が頭皮に出てしまったと言う事です。

 

また、ある特定部分の頭皮の毛根が弱ってしまうと、そこから大量の抜け毛が起きてしまいます。

それまではきちんと育っていたので、太い毛が抜けるのです。

 

3、円形脱毛症の可能性

円形脱毛症は自分では気づきにくいですが、ごっそりと健康な髪が抜ける場合です。

太い毛が抜けてしまうのでしたら、円形脱毛がないか見てみましょう。

 

円形脱毛症は時間と経過と共に治ります。

 

抜け毛が短い場合

次のケースが考えられます。

 

AGA、びまん性脱毛症など脱毛の病気にかかっている。

 

これは、頭皮の血行異常、もしくは身体の免疫機能の異常によるものです。

成長せずに短い状態で抜けていす。

 

事態を重く見た方が良いです。

ですが、すぐに対処を取るなら事態の深刻化を防げます。

 

血行異常の可能性が高いからです。

育毛剤を選ぶ場合は、血行回復にも最適な育毛剤を選択するようにして下さい。

 

もちろん、その他の原因で起きてしまうケースも有ります。

不安でしたら、皮膚科を受診するのも良いです。

 

ですが、まずは適切な育毛剤を使用し、頭皮ケアを行うのも効果的です。

特に抜け毛が多い場合は、頭皮が乾燥してしまっていたり、必要な栄養が不足してしまっている事が考えられます。

 

育毛剤を選ぶ場合は、「ブブカ」のように頭皮の保湿効果が高く、不足してしまった栄養を十分に補う事が出来る育毛剤を参考にしてみて下さい。

使い方が気になる場合は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


実績が高く、リピート率が非常に高い事も特徴です。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ