短い毛が抜ける原因について、短い毛がたくさん抜けるのはなぜ?

<スポンサーリンク>  
短い毛が抜ける原因について、短い毛がたくさん抜けるのはなぜ?

短い毛が抜けているのかどうかは、シャンプーやくしを髪に当てた時に確認し易いと思います。

その抜け毛には人それぞれ特徴がありますが、細い毛、短い毛、ぎざぎざの毛等様々ですね。

 

ここで大切なのは、短い毛が抜けてしまっている事を確認する事では無く、その短い毛を他の毛と比較した場合、どういった違いが有るのかです。

また、「短い毛が抜ける」のは、どのような原因が有るのかが不思議だと思います。

 

短い毛が抜けてしまう原因については、大きく分けて4つが考えられます。

 

短い毛が抜けてしまう原因には、どのような物が?

1、発毛サイクルの変化

髪の毛には、約3ヶ月位の周期が存在し、「毛周期」や「ヘアサイクル」と呼ばれています。

この毛周期が強いストレスなどで変化してしまった場合、たくさんの髪の毛が抜け落ちてしまいます。

 

この場合の短い毛が抜ける原因は、成長途中の髪の毛である可能性が高いです。

ストレス等を軽減するように意識する事は、髪にとっても必要な事です。

 

2、血行不良

これは、どの脱毛症の症状にも共通して言える事です。

髪と血行は切っても切れない関係です。

 

短い毛が抜けるというのも血行と関係が有ります。

つまり、髪の毛全体の血液の循環が悪くなり、髪の毛自体が十分に成長出来ないような未熟な状態で抜け落ちてしまうという事です。

 

血行の回復にはマッサージも効果的ですが、手っ取り早く血行回復するには育毛剤を使用するとより一層効果的です。

 

3、睡眠状態

これは枕の状態と睡眠時間の二つの意味です。

ほとんどの抜け毛というのは寝ている時に抜けてしまいます。

 

枕についている抜け毛で確認する事が可能です。

寝心地が悪いと人間は髪の毛を枕にこすりつけるようになり、その結果成長しきっていない短い毛が抜けてしまいます。

 

就寝の前に布団の状態を確認し、できるだけ寝返り等をうたないように、心地の良い状態を生み出すように意識する事が大切です。

それが出来るだけで、脱毛を無駄に増やす事は減る筈です。

 

もう一つは睡眠時間です。

睡眠時間と抜け毛には深い関係があります。

髪の毛は、睡眠時に抜けやすく、同時に生えて来ます。

 

睡眠時間が少ない状態が続いてしまった場合、髪の毛は十分に栄養が行き渡らないまま成長不良になります。

夜の11時には就寝出来るよう心がけることによって、脱毛は確実に減ります。

 

4、栄養不足

この要素も見逃せません。

髪の毛は血行が重要と説明させて頂きましたが、血液に発毛に必要な栄養が行き届いていない状況だと、髪の毛は正常に育ちません。

 

髪の毛の正常な成長に必要なのは、髪の毛にとって偏りのない食生活です。

脱毛症が進んでしまっている方の食生活は、揚げ物や肉、炒め物等の油物の多い料理を摂り過ぎてしまっている傾向があります。

 

食生活を髪の毛と健康を意識した食事に改善する事が有効的です。

海産物、魚、野菜なども偏りなく摂取する事が出来れば、症状は改善されていきます。

 

確かに、食事や生活環境を改善すると短い毛が抜ける事で悩まされる事は少なくなって来る筈です。

ですが、ヘアサイクルに変化が出るまでには、長い期間が必ず必要です。

 

もしもそれだけでは不安だと言う場合は、頭皮ケアに適した育毛剤を並行して使用するとより効果的です。

頭皮ケアに適した育毛剤選びで迷われている場合、ブブカと言う育毛剤が実績が高く有効的です。

 

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

特に抜け毛で悩まされている方の多くは、頭皮や毛根に必要な栄養が不足してしまっている場合が多く、放置してしまうと取り返しのつかない事になってしまう可能性が高いです。

 


ブブカには、頭皮ケアに必要な栄養が豊富に含まれているのが魅力で、抜け毛だけでは無く、様々な髪のトラブルに対して、高いレベルでクリア出来ています。

真剣に頭皮ケアに取り組んで行きたいと思われている場合は、参考にして下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ