毛活根の効果「どの悩みに対して有効?」

<スポンサーリンク>  
毛活根の効果「どの悩みに対して有効?」

毛活根は大手「DHC」が開発、販売していますので、市場に星のように存在する沢山の育毛剤の内、自分が一体どのような育毛剤を使用すれば良いのか分からないと言う方に人気です。

人気育毛剤は派手な宣伝をしている場合が多いので、毛活根自体はまだまだ知名度は低い方かも知れませんが、育毛や発毛効果が高いと期待されている成分がバランス良く含まれている事で知られています。

 

毛活根の効果的な成分

毛活根に含まれている育毛や発毛を促進する効果が期待出来ると言われている成分は、「グリチルリチン酸ジカリウム」「センブリエキス」「酢酸−dl−α−トコフェロール」「D−パントテニルアルコール」「l−メンソール」「ヒノキチオール」「トウガラシチンキ」「アラントイン」「イソプロピルメチルフェノール」です。

 

効果的だと言われている成分を見ると、抜け毛が徐々に気になるようになり、生え際や頭頂部、分け目の抜け毛が目立つようになって来た方に対して毛活根は有効です。

生え際や頭頂部の薄毛がかなり進行して来た場合や、毛髪がごっそりと抜けるようになって来た方に対して効果的です。

 

また、遺伝的要因が大きい場合の男性型脱毛症に対してや、皮脂の分泌過多による頭皮の薄毛や抜け毛に対しては、毛活根は適切とは言い難いです。

頭皮の分泌過多については、明らかに頭皮が皮脂で光沢を帯び、頭皮や髪を触った場合に、薄いオイルを塗った後のように湿ったような感じがしたり、状況によってはベタツキが出てしまう状況です。

 

この場合は、毛活根等の育毛剤を使用するよりは、頭皮の洗い過ぎや食事環境やストレス等の生活環境を改善する事が一番確実ですので、低刺激で赤ちゃんでも使用出来るような肌に優しいシャンプー等を購入して1〜2週間位様子を見た方が良いと思います。

 

どの頭皮環境に効果が期待出来る?

毛活根は、身体の新陳代謝等の低下や血流の悪化等による薄毛や抜け毛に効果的な成分が含まれています。

また、頭皮の炎症や雑菌の繁殖による様々な頭皮トラブルに効果的だと言われている成分が含まれています。

 

頭皮の乾燥やコンディションの向上を目的とした成分が多いので、頭皮環境のトラブルや新陳代謝の低下による薄毛や抜け毛に対して有効的です。

頭皮の痒みや軽いフケ等に対しても効果的ですが、カサブタに近い位大きなフケや数分に一度はかかなければ我慢出来ない位の激しい痒みに対しては、あまり効果は期待出来ないと思います。

 

もし宜しければ、「生え際の後退を止めるには?【30代からは何をするべきで何が原因なのか】」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ