おでこから生え際にかけて産毛化して来るのは危険なサイン?ヘアサイクルについて

<スポンサーリンク>  
おでこから生え際にかけて産毛化して来るのは危険なサイン?ヘアサイクルについて

おでこから生え際にかけて、産毛が広がって来てしまったように感じる場合、ヘアサイクルが乱れてしまっている可能性が高いです。

出来るだけ早い内から原因を知り、適切な処置をしておく事が大切ですね。

 

ヘアサイクルが乱れると言う事は、最終的には何を実践しても髪の毛が二度と生えて来ない頭皮環境になってしまう可能性が高いので注意が必要です。

最悪、そこまで悪化してしまった場合、生活習慣の改善や育毛剤を使用した位では、発毛や育毛させる事が困難になってしまいます。

 

風邪や虫歯等と同じで、予防や発症してしまった時に適切な対応をする事が一番大切です。

 

おでこや生え際の産毛化とヘアサイクルの関係とは?

 

ヘアサイクルの乱れが原因での産毛の見分け方について

健康的な頭皮環境の場合、

◯ 「産毛」状態だった毛が毛根から生え始める。

◯ しっかりとした「髪の毛」と呼ばれる状態まで成長する。

◯ 5年位経過した後に「産毛」のような状態になり、その役目を終える。

 

ですが、ヘアサイクル自体が乱れてしまうと、最初の「産毛」の状態からしっかりとした「髪の毛」と呼ばれる状態まで成長出来ずに、未発達な状態のまま、再度「産毛」の状態へと退行してしまいます。

 

おでこから生え際にかけての産毛化がヘアサイクルの乱れが原因である場合、

● 「先端にかけて細くて短くなる」

● 「途中で切れてしまったように短いまま成長が止まる」

● 「他の髪の毛よりも明らかに髪質が変化してしまっている」

● 「髪の毛と言うよりも体毛に近いような質感になる」

等の特長が見られる場合が多いです。

 

腕や手、足等に生えている産毛よりも濃くて強いように見えますね。

この場合は、ヘアサイクルが短くなってしまった事が原因で、産毛のように変質してしまった毛髪だと警戒しておいた方が良いです。

 

おでこから生え際にかけて産毛化してしまう原因

 

髪の毛や毛根に必要な食品が摂れていない

ヘアサイクルが乱れやすい人には、食生活に共通した問題が有ります。

それは、

◯ 肌の調子が悪い事

◯ 「良質なタンパク質」「ミネラル」が不足している事

◯ 脂っこい食事が多い事

等が共通しています。

 

◯ 肉よりも魚を意識して摂る事

◯ 豆腐や納豆等のようにタンパク質が豊富に含まれている食品を毎日摂るように意識する事

◯ わかめや海藻類等を意識して摂る事

 

これらは特に、おでこから生え際にかけて産毛化して来た人にとって必要不可欠な食品です。

 

タバコやストレス等でも簡単にヘアサイクルは乱れます

既にご存知の事だとは思いますが、タバコは麻薬等と同じように依存性が高くてなかなか止められないのが特長ですね。

 

更に、周りにタバコばかり吸う人が居てしまった場合、本人が吸っていないに関わらず、「副流煙」で直接タバコを吸う人よりも身体に負担が大きく出てしまいます。

タバコを吸ってしまうと、血行不良が起きてしまい易く、頭皮にとって必要な栄養が供給されにくくなります。

 

その結果、おでこから生え際にかけての産毛化が進行してしまう可能性が高くなります。

また、何らかの形でストレスが生じてしまった場合、「自己防衛本能」の一種で男性ホルモンが活性化されてしまいます。

 

更に、毛細血管が収縮してしまうので、肌や髪への栄養が不足してしまう状態になります。

「ストレスで肌荒れが・・・・」や「タバコの煙から髪を守る・・・」等のテレビCMをご覧になられた事はありませんか?

 

なかなか頭皮へと結びつきにくいかも知れませんが、髪と肌は体調変化等に凄く敏感です。

 

ヘアサイクルを正常な状態に戻すには?

 

生活習慣の改善

産毛化は言うなれば「初期症状」と言える段階です。

食生活やストレス等の生活環境自体を改善する事で改善する事が可能です。

 

ですが、おでこや生え際辺りが産毛化して来たと言う事は、ヘアサイクルにまで影響が出て来てしまっている位、進行して来ている「途中」と言う事も忘れないで欲しいです。

食生活や生活環境を変えるのは必須ですが、より確実に生え際の予防や改善をしたい場合は、「生え際専用」の育毛剤で毛根や頭皮に直接働きかける事も有効です。

 

「薬用プランテル」は「生え際専用」の育毛剤です。

購入出来る店舗等については、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


生え際のトラブルの改善や予防に効果的で人気が高いです。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ