おでこがかゆい時はどのような危険が有る?

<スポンサーリンク>  
おでこがかゆい時はどのような危険が有る?

最近、特に「おでこがかゆい」と感じてしまう事は有りませんか?

そのように感じてしまう方は、年々増加傾向です。

 

おでこは顔の一部ですので、ニキビと同じように顔からの分泌系による症状と思われてしまいがちですが、実はそれだけではありません。

おでこのかゆみというのはむしろ髪の問題である場合が多いです。

 

おでこがかゆい場合【原因と対処法】

次の2つの理由で髪の影響によって「かゆい」と感じます。

 

1、前髪の影響

髪の毛は通常前髪に掛かります。

女性の場合はほとんどがそうですね。

 

特に敏感肌の方は、前髪の先が当たるだけで炎症を引き起こしてしまう事さえ有る位です。

髪は本当にいろいろな細菌が付着しやすく、化学製品でできた整髪料等も細菌が増殖してしまう原因だと言う事実は、あまり知られて居ません。

 

細菌が髪に付着だけなら良いのですが、それがおでこの皮膚付近で増殖してしまった場合、女性で言う所のファンデーション程度の物であっても、荒れて繊細になってしまった皮膚は炎症を起こしてしまいます。

 

その結果、かゆみという形で現れるのです。

 

もう一つは風通しの問題です。

多くの髪の毛がおでこにかかった状態が続いてしまうと、通気が行なわれず細菌の温床となり易いです。

おでこがかゆいと感じていた方が、髪の毛をさっぱり切ったり、左右に流したり結ぶと症状が良くなったと感じる人も多いです。

 

2、頭皮の影響

頭皮とおでこは一枚の同じ皮膚でつながっています。

実際、髪の生え際の皮膚とおでこはほとんど変わりがありません。

 

その証拠に生え際の髪が脱毛してしまうとおでこの一部になっているでしょう。

生え際の髪が抜け始めている時にかゆみを感じやすいです。

 

同じ皮膚ですので、おでこもかゆくなってしまいます。

特に皮膚に何にも見た目の変化もなく、前髪などが多く掛かっているのでもないのに、おでこにかゆみがあるのであれば、「脱毛が始まっているかもしれない」と思った方が、結果的には良い場合が多いですね。

 

その場合は、まだ髪の量の見た目は変わらないかも知れませんが、以前より髪が細くなっている、もしくは抜けた髪の毛根が小さくなっている等の変化が有る筈です。

その場合は早急に対処しないと、どんどん悪化し脱毛が深刻化していきます。

 

これが、男性型脱毛症(AGA)です。

男性型脱毛症は男性だけの病気ではなく、女性の方も年々増加傾向に有ります。

 

もし、何の変化もなく、おでこがかゆいと感じるのであれば、それは脱毛の合図かも知れません。

一度皮膚科に行くか、生え際に効果的な育毛剤を使用して改善する方が賢明です。

 

今の医学では、一度働きを失った毛根を復活させることはできません。

まだ毛根が弱っている内に適切な対処法行うかどうかが勝負とも言えますね。

 

こういった場合にどのような育毛剤を選ぶべきか迷われている方が多いと思いますが、様々な生え際のトラブルの改善に特化した育毛剤を選ぶ方が確実です。

育毛剤「プランテル」は、おでこのかゆみ等の生え際のトラブルが起きてしまっている場合に必要だと言われている成分が配合されているのが特徴です。

 


販売店等が気になる方は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

餅は餅屋では有りませんが、本気で生え際の悩みを解消したい場合は、プランテルのように生え際専用の育毛剤を参考にして下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ