生え際が後退する原因について!放置してしまうと危険

<スポンサーリンク>  
生え際が後退する原因について!放置してしまうと危険

生え際が後退する原因については沢山有りますが、抜け毛の状態や頭皮環境、生活環境等による原因を冷静に把握する事が大切です。

原因を正しく把握する事によって、進行を大幅に遅れさせたり、大きく改善させる事が可能です。

 

ですが、結果的に逆効果になる対処法を実践してしまっていたり、「まだ、大丈夫」だと楽観的に考え過ぎて放置してしまっていると、回復のしようが無い状態にまで悪化してしまう可能性も高まります。

現在の症状を正しく把握する事が何よりも大切です。

 

生え際が後退する原因にはどのような物が有る?

一体どのような原因で、頭の生え際の毛はどんどんと薄くなり後退して行くのでしょうか?

 

結論から言わせて頂きますと、それは殆どの場合「AGA」といわれる病気を発病していることが原因です。

AGAとは男性型脱毛症の別名です。

 

今記事では、髪の毛が後退していくメカニズムについてと、どういう方がこの男性型脱毛症を発病してしまうのかについて、説明させて頂きたいと思います。

 

生え際は遺伝の影響が大きいのか

これは説明の必要が無い位に有名な話かも知れませんが、この症状は遺伝します。

 

人間の遺伝子の最後一つ、男性は「Y」、女性は「X」となっていますが、この男性になく女性にある部分に男性型脱毛症の遺伝子があると言われています。

ようは、母方の家系から伝わりやすいということです。

 

◯ 自分の母方の家系の髪は薄くないですか?

◯ 父方はどうですか?

◯ 母方のお祖父様のおでこに髪の毛はありますか?

 

もしも、ご自分の家系に薄毛体質の方が多いのであれば、非常に残念ですが・・・

人生として頭の生え際の後退を受け入れなくてはならない可能性も少なからず有ります。

 

しかし、同じ遺伝子の家系なのに、弟は発症して、兄は発症していないとか、兄はさほど髪が薄くないなどの例がたくさん見られます。

では一体、この例が示すことは何でしょうか?

 

1、脱毛症の発病を防ぐことができる。

2、脱毛症が発病しても被害を最小限に抑えることができる。

この2つの結論です。

 

生え際が後退するのは「遺伝」だけが要素では有りません。

生活習慣も大きく関係しています。

 

生え際の後退と生活習慣の影響について

大抵AGAを発症してしまっている方は、以下の生活的な悪循環に陥ってしまっている方が多いといわれています。

 

1. 睡眠の時間が短い

2. 肉食中心の食習慣である。

3. 強いストレスにさらされている。(もしくは神経質な方である)

 

つまり、男性型脱毛症の遺伝子を持っており、不健康と言える生活を送っていることも原因としては大きいと言う事です。

 

既におでこが後退し始めている方はどうすれば良いのですか?

まずは、先ほどの3つの要因を減らすことです。

 

3番目の「ストレス、神経質」という要素は、なかなか自分で解決するのは難しいのですが、「睡眠時間」と「食習慣」は変えることは簡単に出来ます。

夜の10時から深夜2時の成長ホルモンが分泌される時に出来るだけ睡眠する事や、一日8時間以上の睡眠時間を確保する事が理想ですね。

 

お肉以外の好きなものを見つけ、お野菜やいろいろな食べ物を満遍なく食べる事も意外と重要です。

髪には比較的手に入り易い食材で言うのなら、「ひじき」が特別効果的です。

 

しかし、おでこの後退が悪化してしまうか、改善出来るかの違いは、育毛剤を使用するかどうかでも大きく変化してしまう場合も少なく有りません。

ですが、育毛剤なら何でも良いと言う訳でも有りません。

 

理由は、育毛剤の中にも「頭皮ケア」「血行促進」「毛根刺激」等様々な目的に合わせた商品が沢山有り、生え際の後退で悩まれているのでしたら、生え際の後退に特化した育毛剤を選ぶ必要が有ります。

 

プランテルと言う育毛剤は、「生え際専用」として開発されています。

販売店等が気になる方は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


生え際の後退の原因物質「テストステロン」と生活習慣等が原因での血行不良等を改善する為に必要な成分が豊富に含まれている事が特徴です。

興味の有る方は、是非参考にしてみて下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ