生え際のかゆみ【 髪の生え際がかゆい場合は何が原因なのか?】

<スポンサーリンク>  
生え際のかゆみ【 髪の生え際がかゆい場合は何が原因なのか?】

髪の生え際のかゆみは、だれもが一度は経験する事だと思います。

しかし、ヘアサイクルが乱れて本格的な脱毛症状が始まってしまった方にとって、生え際のかゆみというのは、一気に症状を悪化させる前の危険信号の可能性も有りますので、注意して下さい。

 

生え際のかゆみには、一体何をするべきなのか?

ではまず最初に、生え際のかゆみというのはどうして生じるのか簡単に説明させて頂き、それぞれの原因に対して、どのような対策をとるべきなのかについて触れさせて頂きたいと思います。

 

1、フケが溜まっている

日本人はフケが溜まっている事に対して敏感に感じてしまいます。

ただ単にフケが溜まり髪が痒いというのであれば、脱毛症の人にとってそれほど心配する事態ではありません。

 

日本人からすると、意外に思えてしまうと思います。

実際問題、多くの外国人は冬場の場合、3日に1回くらいしか髪を洗いません。

 

かえってそのほうが髪の潤いが失われずに良いと言われています。

ですが、日本人はかゆみに敏感過ぎる傾向が有るので、見た目も重要視し毎日髪を洗います。

 

つまり単に1日髪を洗っていないからという理由のかゆみは、さほど気にしなくても良いと言う事です。

 

2、頭皮の表面がボロボロになっている

実は髪のかゆみの多くはこれが原因です。

シャンプーをしたのに、生え際はいつもかゆみを感じる場合、この可能性を疑った方が良いです。

 

特にヘアサイクルの異常で脱毛が深刻化して来てしまっている場合は要注意です。

その種のかゆみは身体の異常が発する黄色信号と思って下さい。

 

もしも、この危険信号を放置してしまった場合、生え際の表面が痛んでいる事も有り、毛根の働きさえも失われていきます。

特に自覚症状が無いまま、かゆいと感じた部分から脱毛が始まって行くケースも決して少なく有りません。

 

実際、かゆみを感じ易い部分の髪の毛は、もう既に他の部分より髪が抜け易い状態であると注意しておいた方が良いです。

その時はシャンプーの際に指の腹を使ってやさしくマッサージするようにし、かゆくても無意識的、意識的問わず掻きむしってしまうような事は必ず避けなければなりません。

 

かゆい部分の毛が他の部分より薄くなってしまっているのでしたら、その脱毛は将来的に広がる可能性が高いです。

毛根がヘアサイクル自体を終えてしまう前に、育毛剤を使用した方が良いですね。

 

育毛剤とは頭皮の血行を回復させるケア商品の事で、出来るだけ生え際専用の物を選ぶようにして下さい。

表面が傷ついている頭皮には敏感肌用の育毛剤も有りますので、頭皮環境に最も適したものを使用することが重要です。

 

3、炎症を起こしている

これもよく見られる症例ですね。

なぜ炎症を起こすかと言うと、頭皮が細菌に感染している可能性が高いからです。

 

何らか原因で出来てしまった頭皮の切り傷などから、細菌はいとも簡単に入り込み、繁殖を繰り返してしまいます。

他の皮膚の箇所と違って、生え際は細菌が溜まりやすい場所ですので、特に注意する必要が有ります。

 

対処策としては皮膚科等で炎症を抑える薬を処方して頂く事や、頭皮の炎症やかゆみ等を抑える成分が含まれている育毛剤や頭皮ケア商品を使用する事です。

最近は本当に沢山の育毛剤が存在します。

 

その用途は症状や目的によって大きく異なります。

生え際のかゆみの改善を真剣にお考えでしたら、「薬用プランテル」のような生え際の様々なトラブルの改善に特化した育毛剤を使用する事が一番効率的です。

 


販売店等が気になる方は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

興味の有る方は、是非参考にして下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ