生え際の後退を止めるには?【30代からは何をするべきで何が原因なのか】

<スポンサーリンク>  
生え際の後退を止めるには?【30代からは何をするべきで何が原因なのか】

特に男性は30代に差し掛かる頃になると、身体が急激に老化(酸化)して来てしまいます。

その事が原因で生え際が後退して来てしまうケースが多いので注意が必要ですね。

 

今までは全くハゲる気配が無かった人であっても、気が付いたら急激に生え際が後退して来たなんて事も珍しい事では有りません。

生え際が後退し始める時にハゲる可能性が有ると指摘されていたりしますが、現実はより残酷で、現在進行形の形でハゲていると言っても過言では有りません。

 

生え際自体が少し後退し始めて来た事に、どれだけ適切な対処法が出来るか否かが今後の頭皮環境に大きく関係してしまいます。

最近は「AGA(男性型脱毛症)」と呼ばれるフレーズが有名になりましたね。

 

何でもかんでもAGAで済ませて高い治療費や育毛剤等を販売しようとしてしまう業者等が多く感じてしまいます。

ですが、殆どの場合は女性と同じように頭皮への栄養不足と血行不良等が原因です。

 

30代の生え際の後退について 【AGAとは違う理由】

AGA(男性型脱毛症)は男性と言う文字通り、男性ホルモンが増え過ぎてしまう事が原因です。

私達の体毛は頭皮以外は男性ホルモンで形成されていて、頭皮のみ女性ホルモンの比率が大きいです。

 

体質や生活環境等が原因でホルモンバランスが大きく崩れてしまった場合、生え際や頭頂部の髪が大量に抜けてしまい、ハゲてしまいます。

しかし、AGAで悩んでいる人の多くは成人する前から生え際の後退や頭頂部の抜け毛で悩んでいる場合が多いです。

 

30代になって急にAGAになる人は稀だと思います。

それに、AGAは進行形で比較的緩やかにハゲが進行して行く場合が多いです。

 

30代の生え際の後退について【原因と対処法】

基本的に若い頃は身体の基礎代謝等が高くて少々無理をしても特に問題は起こらないと思います。

ですが、30代を超えた辺りに差し掛かると色々な所に現れて来てしまいます。

 

原因について

生え際や髪の毛自体に必要な栄養が不足している事が原因としては大きいです。

食生活や乱れた食生活は、生え際の後退と密接に関係しています。

 

もちろん、お酒等のアルコールやタバコ等も生え際の後退の原因になります。

これは有名な話かも知れませんが、睡眠不足やストレスも大きく関係しています。

 

対処法について

上記の原因で生え際には血行不良等が起こっています。

入浴前や入浴中にしっかりと優しく頭皮マッサージを行う事も大切ですし、入浴中も頭皮の血行不良を改善する事を意識して入浴してみるのも良いと思います。

 

また、軽く汗が出る位の運動も効果的で、生活習慣病の予防等にも有効的です。

現在進行形の形で育毛剤や育毛シャンプー、サプリメント等を使用されている場合は、「プランテル」のように生え際の後退に必要な成分が含まれている商品に変えてみるのも効果的ですね。

 

もし、購入出来る店舗等が気になる方は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

現在使用されている育毛剤に関しても成分によっては無意味ですし、逆効果になる可能性もあります。

 



プランテルは生え際専用の育毛剤なので、生え際の様々なトラブルの予防や改善に効果的です。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ