生え際が後退する原因について!放置してしまうと危険

<スポンサーリンク>  
生え際が後退する原因について!放置してしまうと危険

生え際が後退して来てしまった場合、それ以上進行しないように改善する事が大切です。

特に頭皮に関しては、ある日突然と言う事は少なく、ゆっくりゆっくりと進行してしまっている場合が殆どだと思います。

 

何事でもそうですが、気が付いた時に「どれだけ早く行動出来るか」がその後を大きく左右してしまいます。

自分の出来そうな事から少しずつ初めていくだけでも症状の拡大は防止出来ます。

 

生え際の後退の防止について

生え際の後退を防止する為には、

◯ 新陳代謝の低下や食生活等の「生活習慣」

◯ 男性型脱毛症(AGA)による症状を抑える

 

この2つのポイントが重要になって来ます。

生え際の後退を防止する為には何をするべきなのか?

 

多くの人を悩ませる「男性型脱毛症」の原因と改善点について触れさせて頂きと思います。

繰り返してしまいますが、男性型脱毛症の症状を食い止めるカギは、いかにして早期治療を開始するかに掛かっています。

 

その理由は、残念な事に現代の医学では、一度死んでしまった毛根を復活させる事は不可能だからです(2015/1/31現在)。

テレビのコマーシャルやインターネット上の魅力的な広告には、「○○を使えば頭がフサフサになりました!」などと言うキャッチフレーズが沢山有ると思います。

 

ですが、その中のほとんどの写真が真上からの写真であることにお気づきだと思います。

既にご存知の事かも知れませんが、生え際部分、つまり正面からは写せないからです。

 

つまり一度後退してしまった生え際の髪の毛は元には戻っていないからです。

だからこそ、進行しきってしまう前に防止する事が大切になってきます。

 

しかしあの種の広告も全くでたらめなわけでもありません。

たしかに一度薄くなった髪の毛は強くよみがえります。

 

言い換えれば「フサフサ」にする事は可能なのです。

この事に関しては何を言いたいのかと言うと、AGAも早期に発見して早めの処置を取れば、前髪がすべて失われてしまわないうちに、通常の髪を取り戻す事が可能ということです。

 

(ちなみにAGAの原因の多くは遺伝です。)

つまり男性型脱毛症の防止に取り組むカギは、初めにも述べさせて頂きましたとおり「早期発見」です。

 

では、男性型脱毛症発症にはどんなサインがあり、防止出来るのか?

 

・シャンプー時の抜け毛が以前よりも増えたと感じる。

これは大きなサインです。

 

特に親もおでこが後退しているタイプなら、あなたもおそらく発症するタイプである可能性が高いので注意が必要です。

抜け毛の本数や頭皮の状態や変化に注意し、早めの対処(皮膚科に行く、育毛剤の使用を開始する)を施すなら、症状が悪化することを防止出来る場合が多いです。

 

・前よりおでこの面積が広くなった。

これは面積が広がった分はもう取り戻せないと思いましょう。

 

しかしこれ以上生え際を後退させ、面積を広げる必要はありません。

早めの育毛剤の使用によって、それ以上の進行を防止させ改善させる事です。

 

・前髪を垂らしたときに隙間ができるようになった。

これは髪が減少しているのが原因です。

 

出来るだけ早い段階で育毛剤を使用した方が良いです。

まだ髪の毛が残っている証拠ですので、間に合う確率は高いです。

 

・髪が寝てしまう。

これは髪のコシがなくなっているのが原因です。

言い換えるなら強さがなくなっているのです。

 

なぜこうなってしまうかというと、毛根の寿命である「ヘアサイクル」が途絶えかけてしまっているからです。

完全に死んでしまう前に育毛剤を使用するなら「フサフサ」をまだ取り戻せる可能性が高いです。

 

生え際の後退の防止をより効率化する為に

最近は育毛や発毛に関しての研究も進んでおり、何が本当の意味で効果的なのかも判明して来ています。

 

生え際の後退に関しては、「テストステロン」と呼ばれる男性ホルモンが最大の原因です。

このホルモンが過剰に生成された状態での頭皮に対しては、「ヒオウギエキス」「ボタンエキス」「ビワ葉エキス」「シナノキエキス」「海藻エキス」「ヒキオコシエキス」「プロビタミンB5」が特に有効的と言われてます。

 

この全ての有効成分が十分な量配合されているのが「プランテル」と呼ばれる育毛剤で、生え際の悩みに特化しているのが特徴です。

販売店等が気になる方は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

 



もしも、生え際の悩みに対して真剣に向き合い、根本的な改善を望まれるのでしたら、有効的ですので、是非参考にして下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ