髪の生え際がかゆいのは何故?生え際のかゆみとシャンプーの関係

<スポンサーリンク>  
生え際のかゆみ【 髪の生え際がかゆい場合は何が原因なのか?】

髪の生え際がかゆいと、誰しも将来的にハゲや薄毛に進行してしまうのでは無いかと心配になってしまうものです。

生え際に関しては「遺伝」で片付けられてしまう場合が多いですが、比較的簡単な方法で改善出来てしまう場合も多いのが実際です。

 

髪の生え際がかゆくなる意外な原因

おでこの上側、耳の周り、後頭部の襟足がかゆい原因

今挙げた部分はいわゆる髪の生え際といわれる部分で、かゆくなり易い場所です。

 

「かゆい」と一口に言ってもその原因は様々ですが、原因としてはシャンプーによる所も大きいです。

「シャンプー」と言っても様々で、大まかに分けると原因は二つあります。

 

1、どんなシャンプーを使っているか

2、シャンプーをどの程度の頻度で使用しているか

 

まず考えるのは、どんなシャンプーを使用しているのかについてです。

スーパーで販売されている比較的安価なシャンプーの多くは、健康的な頭皮環境の方が使用したとしても、何ら問題はありません。

 

ここで問題なのは、安価なシャンプーの成分を見てみると大抵は石油系の洗浄力の強い化学製品です。

敏感肌の方がそうした一般のシャンプーを使用してしまうと、残存した大量の化学成分によって皮膚が影響を受けてしまい、かゆくなります。

 

ではなぜ生え際あたりに洗液が溜まる傾向があるのでしょうか?

それはすすぎの方法にも関係があります。

 

◯ すすぎに関して

髪の毛を洗って「すすぐ」時にどこからすすぎますか?

一般に髪のてっぺんにシャワーを当て、後は自然に泡が落ちるようにすると思います。

 

実はつむじの辺り、つまりシャワーがよくあたる部分のすすぎは、よく出来ている方が多いです。

ですが、生え際辺りにまで十分水を溜まらせ、頭皮に悪影響を及ぼす恐れのある価格成分が落とせていない事も少なくありません。

 

すすぎが不十分なので、生え際がかゆいのです。

対処策は2つあります。

 

石油系に安いシャンプーから、自然由来成分のシャンプーに変える事です。

もう一つは、生え際もよくすすぐ事です。次に考えるのはシャンプーをどの程度の頻度で使用しているかです。

 

◯ 実は、真面目な人程、髪の生え際がかゆくなり易い

生え際がかゆくなる原因のもう一つは「シャンプーのしすぎ」です。

洗いすぎる事によって、本来髪に必要な油分を奪ってしまっていると言う事です。

 

もともと脂性肌で悩まれている方は、その傾向が強いです。

シャンプーは本来2日に一度、3日に一度でも良いと言われている位です。

 

しかし日本人は髪がかゆくなるのに敏感なので、毎日洗いますよね。

それは当然ですし、私も毎日洗います。

 

1日2回以上洗髪してしまっていたり、本人がそこまで意識していなくてもゴシゴシと洗い過ぎた状態になってしまうと、頭皮の潤いまでもが流れてしまいます。

こうした生え際の乾燥は放置してしまうと非常に危険です。

 

乾燥によって髪の毛根も同時に大きなダメージを受けます。

乾燥すると頭皮の血行も悪くなり、頭皮の表面ははがれてしまいます。

 

もともと生え際の毛は抜けやすい傾向にあるのに、そのような異常状態が続くと脱毛が生じます。

特にかゆみと一緒に、細い毛が何本も落ちている方は要注意です。

 

頭皮を正常に保つのと育毛活動の両方が必要になっていきます。

具体的に言うと、毎日の洗髪等を意識して行うようにし、入浴後に生え際に必要な成分が含まれている育毛剤でしっかりと頭皮ケアする事です。

 

生え際の悩みに対して有効的な育毛剤に関してですが、生え際の悩みに特化した育毛剤を使用した方がより確実です。

「プランテル」は生え際に特化した育毛剤で、実績が高くリピーターが多いのが特徴です。

 


販売店等が気になる方は、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

本気で生え際のかゆみを改善し、適切な頭皮ケアをして行きたい場合は有効的ですので参考にして下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ