髪の生え際がかゆいのは危険!脂漏性皮膚炎にはどんな症状があるか

<スポンサーリンク>  
髪の生え際がかゆいのは危険!脂漏性皮膚炎にはどんな症状があるか

髪の生え際に通常とは違うかゆみが続いてしまった場合、「脂漏症皮膚炎」を発症させてしまっている可能性が高いです。

「脂漏性皮膚炎」と言う症状は初めて聞いたと言う方も多いかも知れませんね。

 

最近増えてきている病状の一つです。

簡単に言うと頭皮などの皮膚に、湿ったフケやかさぶたが出来てしまう症状の事です。

 

何のケアもしないと悪化してしまう一方ですので注意が必要です。

出来るだけ迅速で適切なケアが出来るか否かが大切になります。

 

髪の生え際がかゆい場合、どのような危険があるのか?

脂漏性皮膚炎になったときの症状とは?

 

◯ 「赤い斑点ができる」

◯ 「かゆい」

◯ 「皮膚がむける」

が特徴です。

 

不規則な生活が続いてしまう事や、男性ホルモンが影響を受けてしまう事によって発症してしまう皮膚炎の一種です。

稀ですが、女性にも男性ホルモンは存在しますので女性も発症してしまう場合が有ります。

 

・最初に出る症状となにか?

・どのようにこの皮膚炎は広がっていくのか?

・どうすれば症状を改善できるのか?

この3点を調べていきましょう。

 

◯ 初期症状にはどのような物が?

髪の生え際から生じる「フケ」と赤い斑点です。

 

最初は単に「フケが増えて来たなあ・・」と感じる位ですが、これは正確に言うとフケとは異なり、皮膚が剥けて来てしまったものです。

(フケは本来、主に毛穴から出る老廃物のカスを意味します)

 

なぜ、生え際に症状が出やすいかというと、最も細菌が繁殖しやすい場所のひとつだからです。

手で触れることの多い場所ですし、整髪料や洗顔料、化粧水などの影響も受けやすい場所です。

 

毎朝洗顔されていると思いますが、結構な確率で生え際に洗顔料等が残ってしまっている場合が殆どです。

よって脂漏性皮膚炎の人は、まず生え際に症状が出やすいという事です。

 

生え際がかゆい、赤い、フケが目立つようになって来た、この3つの自覚症状がある場合は、脂漏性皮膚炎も疑って下さい。

 

◯ どのように脂漏性皮膚炎は広がっていくのか?

先ほどの初期症状を放置してしまうと生え際から、鼻の脇、耳のうしろ、ワキの下、太もものつけ根などにこの症状が現れるようになります。

 

かゆいと感じる場合と感じない場合があります。

このように脂漏性皮膚炎はだんだんと広がっていく病気ですので、早めに対処するのが望ましいですね。

 

◯ どうすれば症状を改善できるのか?

初期症状は頭の生え際に痒みを感じる事、フケが出る事ですので、多くの方はその部分の髪を何度も何度も洗おうとします。

 

「朝と夜シャンプーをしてもまだかゆいんです」と言う方も居られますが、明らかに改善方法が誤っています。

これは、汚れが溜まっているという問題ではなく、不規則な生活が要因となっている病気です。

 

よっていくら洗っても意味がありません。

むしろ頭皮の炎症はもっと悪化してしまう可能性が高いです。

 

この病気は主に乳児期に見られる事が特徴でしたが、成人の方も発症する事が増えてきました。

最後にこの脂漏性皮膚炎に似た症状についても触れて行きます。

 

◯ 脱毛症

同じように生え際がかゆくなり、ふけのようなものがたくさん出るのですが、皮膚は青白い感じです。

これは炎症を起こしてはいないので、脱毛症の症状です。

 

脱毛症は育毛剤でないと改善出来ない場合が多いので注意が必要です。

生活習慣等の要因を改善出来ましたら、効果的だと言われている育毛剤を使用するとより効率的ですね。

 

頭皮ケアに適した育毛剤は沢山有りますが、プランテルのように生え際の悩みに最も適した育毛剤を使用した方が良いです。

販売店等に関しては、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

理由は簡単で、違う目的で開発された育毛剤を使用しても意味が無い場合が殆どだからです。

プランテルの強みは何と言っても「生え際専用」の育毛剤である事です。

 


生え際の悩みに必要な成分がしっかりと配合されていますので、興味の有る方は参考にして下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ