あぶらとり紙を頭皮に使うべき人は?

<スポンサーリンク>  
あぶらとり紙を頭皮に使うべき人は?

外出先等で頭皮の皮脂をどうにかしたい時は、あぶらとり紙が便利です。

タオルやハンカチでもある程度は取る事が出来ますが、皮脂の吸収率と衛生面を考えると、やはりあぶらとり紙の方が良いと思います。

 

タオルやハンカチで何度も頭皮の皮脂を取っていると、どうしても衛生面に問題が出て来ます。

時間が経過してしまった皮脂は雑菌等が繁殖してしまいがちで、不衛生な物で顔や頭皮を拭く事になってしまいがちです。

 

男性よりも女性の方が馴染みの有るアイテムかも知れませんが、一度使い出すと頭皮の皮脂や顔のテカリ取り以外にも色々と使えますので重宝すると思います。

 

あぶらとり紙のメリット

特に梅雨の時期から秋口にかけては、気温や湿度が高く、臭いの原因となる雑菌等が活発化してしまいます。

雑菌は嫌な臭いを発生させるだけでは無く、頭皮や毛根で増殖し、頭皮環境や発毛にまで悪影響を及ぼしてしまう確率が高くなります。

 

毎日入浴して十分な汗をかいているにも関わらず、頭皮が嫌な臭いを発生させてしまっている場合は、年齢や体質では無く、頭皮が分泌する皮脂が原因だったと言うのも良く有る話です。

 

頭皮に使用する場合の注意点

あぶらとり紙は手軽ですし、皮脂を吸着した時に目で確認出来ますので、ついついやってしまいがちだと思います。

ですが、頭皮を触った時にややしっとりとするかしないか位の適度な皮脂は残しておく必要が有ります。

 

頭皮の皮脂は、頭皮環境を最適な状態にする上で必要な物ですので、あぶらとり紙等で取り過ぎてしまうと、皮脂の分泌量は以前よりも増えてしまいます。

 

あぶらとり紙が適した頭皮環境

前髪がやや長めの方や、生え際辺りがテカってしまっていたり、ニキビが出来易い方にあぶらとり紙は適しています。

特に生え際やおでこ辺りに髪の毛がかかっている場合は、薄暗くてある程度の湿度が確保されてしまいがちです。

 

丁度日陰で薄暗く湿度が有る環境と同じですので、ニキビ菌や雑菌等が繁殖してしまいがちです。

これらを解決するには、日光を受け、適切な量の紫外線で殺菌したり、ニキビ菌や雑菌等の栄養となる皮脂を出来るだけ取ったり、ある程度は乾燥した環境にする事が有効です。

 

生え際辺りの薄毛が気になる場合は、分かっていても前髪で隠してしまうと思います。

そう言った場合にあぶらとり紙は有効的で、雑菌等の繁殖を抑え、清潔な状態を維持する事が可能です。

 

もし宜しければ、「分け目からハゲて来た場合に「育毛剤」は本当に必要?」の記事も参考にしてみて下さい。

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ