頭皮が乾燥してひび割れしてしまう・・何をするべきなのか

<スポンサーリンク>  
頭皮が乾燥してひび割れしてしまう・・何をするべきなのか

頭皮の乾燥を放置し過ぎてしまった場合、ひび割れたような状態になってしまう可能性が高いです。

頭皮環境が非常に悪い状態であると言えます。

 

この状態がある程度続いてしまっているにも関わらずに放置し、頭皮ケアが不十分な状態ですと、本格的な薄毛や脱毛に進行してしまう可能性が高くなります。

原因をしっかりと把握し、適切な対処法を行う事が大切です。

 

頭皮が乾燥してひび割れしてしまう場合

「頭皮にひび割れのようなものが生じている」と言う自覚症状が有る場合の原因と、

「どのような方法で改善するのが望ましいのか?」について説明していきます。

 

一体、どのような原因で乾燥し、ひび割れてしまうのか?

直接的な原因は、水分が失われている事です。

肌の潤いに必要な食事を摂る事も大切ですが、ある程度の時間が必要になりますので、頭皮に潤いを与える成分が含まれている育毛剤を使用するのが効果的だと言えます。

 

なぜ、頭皮がひび割れるほど乾燥し、水分が失われてしまうのか?

それは本来出てくるべき皮脂成分が不足しているからです。

頭皮というのは頭から適正量の皮脂が分泌されることによって、頭皮を保護します。

 

髪の毛も同じ皮脂でコーティングしているので髪のつやは保たれます。

頭皮にひび割れるほどの乾燥が生じている時は、この皮脂の分泌不足が原因である可能性が高いです。

 

ではなぜ皮脂の分泌量が急に少なくなってしまうのか?

大きく分けて二つの原因があると言われています。

 

1、ストレス

2、食生活の乱れ

 

まずはストレスに関してですが、強いストレスを感じた時、身体の栄養吸収能力は著しく低下します。

身体の吸収能力が失われてしまった場合、皮脂の原料となる成分まで不足してしまいます。

 

この事が原因で皮脂の分泌が低下してしまいます。

次の要素は食生活の乱れです。

 

どうしても仕事が忙しくて一日一食で済ましてしまっている場合や、ほとんどお酒とつまみしか食べてない等、食習慣が崩れるとすぐに皮膚のひび割れが生じてしまいます。

具体的に不足しているものを挙げると「コラーゲン」「ヒアルロン酸」です。

 

この二つの成分が不足してしまった場合、髪は深刻なダメージを受けます。

ですから、満遍なく毛髪にとって必要な成分が含まれている食品を意識しつつ、毎日3食欠かさずに食べるようにする事が大切です。

 

お金がないという原因の人もいますが、そのいう方は謙遜に家でお弁当を作るのが効果的であったりします。

昔から、納豆、ひじきなどは髪によいと言われていますね。

 

時間がかかる方法ですが、根本から頭皮の皮膚割れを治したいのであれば、このストレスの減少と食生活の改善は欠かせません。

徐々に頭の角質は整っていき、ひび割れは収まって来る筈です。

 

頭皮が乾燥してひび割れてしまう意外な原因

もう一つ頭皮の水分を奪ってしまうものがあります。それはドライヤーです。ドライヤーは可能な限り少ない時間で終えるようにしましょう。

 

ひび割れをそのままにしておくならどうなりますか?

頭皮が痛んだ状態にしておくと、髪の毛は必ず影響を受けてしまいます。

もし、もう既に髪の毛が減少してしまっている状況でしたら、その失われた髪の毛はなかなか取り戻せません。

 

放置してしてしまっている間にも進行は進み、減少してしまう一方です。

食事や生活環境の改善も必要ですし、育毛剤を使用した血行回復も並行して行う方が効率的です。

 

頭皮が乾燥してひび割れてしまった場合、どのような育毛剤を選ぶべきか迷ってしまうと思います。

 

選び方の1つの基準としては、

① 頭皮に対して、適切な栄養を与える事が出来る事

② 敏感肌や頭皮にダメージが有る方でも安心使用出来る事

等が挙げられます。

 

この条件を満たしているのが「M- 034」です。

初めて聞くと言う方も居られるかも知れませんので、少しだけ説明させて頂きますと、頭皮の乾燥に対し、高い保湿力を与え、薄毛や抜け毛に対しても有効的な成分です。

 

「M- 034」を使用した育毛剤は沢山有りますが「ブブカ」と言う育毛剤が一番配合量が多く、頭皮ケアや育毛に対して有効的な成分が豊富に含まれています。

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


「M- 034」は厚生労働省も認めている位ですので、効果は十分に期待出来ます。

興味の有る方は、参考にして下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ