頭皮の乾燥には尿素が良い?【角質溶解作用の危険性】

<スポンサーリンク>  
頭皮の乾燥には尿素が良い?【角質溶解作用の危険性】

頭皮の乾燥や手に使用される事が有る「尿素」ですが、やはり「尿」と言う単語から、どうしてもその効果や効能について不審に思ってしまう方も居られます。

元々尿素は、私達の肌の「角質層」にも存在する成分です。

 

「セラミド」と同じように、肌の潤いを調節する働きの期待出来る成分です。

もちろん、頭皮の乾燥にも効果が有ります。

ですが、それはある程度以上の年齢を重ねてからの話ですので注意が必要です。

 

頭皮の乾燥と尿素の関係【角質溶解作用とは?】

尿素には、「角質溶解作用」と言う、文字通り角質を溶かす働きが有ります。

頭皮や顔は他の場所よりも、皮膚が薄くて敏感です。

 

乾燥傾向にある方は、洗浄力の強いシャンプーや石鹸等で過剰に皮膚を「剥がして」しまっている状態です。

そんな敏感で皮脂や角質等が不足してしまった状態の頭皮が、尿素のように強い「角質溶解作用」でさらされてしまった状態になると、現状よりも頭皮にかゆみを感じてしまい、フケや炎症の原因になってしまう可能性が高いです。

 

もし、頭皮環境が「脂漏性脱毛症」や怪我、ご病気等が原因で、頭皮自体に古い皮膚や角質が溜まってしまった状態の場合、週に1回位なら使用する位でしたら良いかも知れません。

 

頭皮の乾燥に尿素を使用してしまうとどうなる?

健康的な頭皮環境で尿素を使用した場合、頭皮や角質が柔らかくなると言われています。

頭皮ケアと言うよりは、顔等の「ピーリング」を目的として尿素を使用されている方が殆どです。

 

頭皮が乾燥している位敏感な状態で使用するのは危険です。

頭皮の乾燥を気にされているのでしたら、この2つの項目を確認して頂けると幸いです。

 

● 現在使用されているシャンプーや育毛剤が乾燥肌に適したタイプなのか

頭皮が乾燥されている方の多くは、シャンプーや育毛剤選びで失敗してしまっている場合が多いです。

 

1日2回以上の洗髪であれば1回に減らしてみたり、スカルプシャンプー系から赤ちゃんでも安心して使用出来るような、「無添加」「弱酸性」「低刺激」の物を選ぶ方が良いです。

また、頭皮を強く洗い過ぎている方も多く、フケや乾燥、炎症等の原因となってしまっている事が多いです。

 

ユーチューブ等で女性向けの頭皮の洗い方等を参考にしてみる程度で十分です。

これだけで頭皮の乾燥が改善されたと言う方も少なく無いので、あながち馬鹿には出来ません。

 

● 食生活が乱れていないか

頭皮も皮膚と基本的には同じなので、緑黄色野菜やタンパク質、ビタミンEやビタミンC等を意識して摂る事が大切です。

 

これらをバランス良く摂りたい場合、ブロッコリーやトマト、ニンジンやカボチャ、パプリカや小松菜等の野菜を摂り、白身魚や青背、鶏むね肉や脂身の少ない肉を毎日の食事の中で意識して取り入れるのが有効的です。

 

アーモンドやカシューナッツ等のナッツ系や、パン屋さんに売ってるちゃんとしたパン等の小麦類も頭皮の乾燥には良いです。

パンは出来るだけ「田舎パン」や「フランスパン」等を選ぶようにして、バター等がなるべく少ない物を選んで頂いた方が良いです。

 

頭皮の乾燥の改善に一番有効的な事

乾燥した頭皮を改善する為には、保湿する事、適切な栄養を与える事、血行を促進する事が必要不可欠です。

もちろん、生活や食事、入浴時の心配り等で改善していく事も十分に効果的です。

 

ですが、ヘアサイクルに変化が出るまでには時間が必要な事と、場合によっては非常に変化が分かりにくいと言う事が多く、「いつの間にか元の生活に戻ってしまっていた」と言う方が多いです。

 

そう言った場合に対しても育毛剤は有効で、頭皮や毛根に直接的に働きかける事が出来るのが最大の魅力です。

当然、育毛剤なら何でも良いと言う訳では有りません。

 

具体的に言うと「M- 034」やセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム等のように、有効性が十分に期待出来る成分をバランス良く含んでいる物を選ぶ事が重要です。

この条件をクリアしているのが「ブブカ」と言う育毛剤です。

 


もし、使い方が気になる場合は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

真剣に頭皮ケアを行いたい方は、参考にしてみて下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ