頭皮の乾燥には水洗いの方が良いのか?【逆効果になる場合】

<スポンサーリンク>  
頭皮の乾燥には水洗いの方が良いのか?【逆効果になる場合】

洗顔の時に顔が乾燥し過ぎてしまわないように、冷水で洗顔される方も居られます。

それと同じ理由から、頭皮が乾燥傾向にある方が冷水やシャンプー無し、石鹸シャンプー等で洗髪される方も居られます。

 

頭皮の新陳代謝が落ち込む冬や、雑菌の湧きやすい夏場等に大量の抜け毛になり、雑菌が湧いた時のかゆみ等から頭皮をかきむしってしまう可能性が有ります。

頭皮が乾燥肌傾向に有る方は、フケやかさぶた、かゆみや炎症等を引き落とししてしまう可能性が高くなります。

 

頭皮の乾燥と水洗いのメリット、デメリット

 

◯ メリットについて

・ 比較的強めの効果が有るシャンプーを1日に2回以上してしまっている方

・ 肌質はそこまで強く無いのに洗い過ぎてしまっている方

この2項目に心当りが有る方については、2回中1回位は水洗いで良いかも知れません。

 

頭皮が乾燥している方で、洗い過ぎや強力な育毛剤を使用してしまっている方は、数回に1度位は頭皮を水洗いで済ませても良いです。

ですが、敏感肌の方でも安心して使えるタイプの優しいシャンプーを選び、人肌程度の温度のシャワーでしっかりと洗髪するのであれば、水洗いにする必要は有りません。

 

◯ デメリットについて

頭皮の乾燥が気になる方が水洗いをしたからと言って頭皮の環境が良くなるとは考えにくいです。

 

水洗いをする理由は、頭皮が乾燥しやすい事に気づかずに、最近流行りの「頭皮さっぱり系」の強い洗浄力の有るシャンプーを使用してしまっている事です。

頭皮自体が大きくダメージを受けている場合のみです。

 

最近は、頭皮の汚れや脂が有る事自体が「悪」で、頭皮が炎症を起こす位強い洗浄力で洗わないと駄目なように錯覚させてしまい情報が多いです。

この事については、冷静に考えて頂くと理解して頂ける筈です。

 

元々、頭皮の常在細菌は、健康的な頭皮環境であれば、毛根に入り込んだり頭皮にダメージを与える雑菌を攻撃してくれる役割も有ります。

もちろん、常在細菌の中には頭皮の古くなった皮膚だけを食べてくれる種類も共生していてくれています。

 

ですが、水洗い等で頭皮に古くなった皮膚だらけの状態になってしまうと、それを消費する為に異常繁殖してしまいます。

当然、微生物や細菌は、生き物である以上、老廃物を排出してしまいます。

 

老廃物が異常に多い頭皮には、今までの頭皮環境には存在しなかった雑菌が増殖してしまう可能性が高いです。

目に見えないゴミ、古くなった皮膚、細菌、雑菌等の異常繁殖した跡等が蓄積されてしまう事になります。

 

頭皮にとって一番良くないのは「不衛生」です。

石鹸シャンプーを使用していたとしても、冬の寒い中、冷たい水洗い、シャワー等で十分に石鹸を洗い流す事が出来る人は少ないと思います。

(洗髪時間の約3倍がすすぎの時間の目安です)

 

頭皮が乾燥がちで水洗いをするべきか悩んでいる人へ

頭皮が乾燥しているのはある程度体質によるものだと諦めていませんか?

頭皮は肌の延長線上なので、肌に良い生活をするだけである程度改善する事が可能です。

 

この機会に現在使用されているシャンプーをインターネットで検索してみて、本当に頭皮が乾燥している人でも安心して使えるものかを再確認すると良いです。

女性の場合は、入浴後や洗顔後に出来るだけ早く乳液等を付けていますね。

 

それは、入浴後の温かい身体から、大切な潤い等が蒸発してしまう事と、毛穴が開いて柔らかくなった皮膚には、乳液等が非常に効率良く浸透するからです。

これは、男性の頭皮にも言える事です。

 

入浴後に程よく柔らかくて開いた頭皮を放置してしまうと、大切な潤い等が抜けてしまい、乾燥が激しくなる可能性が高いです。

もし、頭皮が乾燥傾向にあり、水洗いを迷われているのでしたら、敏感肌でも使えるシャンプーを使う事が大切です。

 

熱く無い程度温度のお湯でしっかりと洗い流し、入浴後に乾燥肌や敏感肌でも安心して使用出来る育毛剤を使用すると効果的です。

頭皮が乾燥した状態だと、様々な病気等を引き起こしてしまう可能性が高いです。

 

頭皮の乾燥を改善する為に

乾燥を改善する為には、頭皮に潤いを与えるだけでは無く、必要な栄養を補給してあげる事も大切です。

「ブブカ」には、育毛だけでは無く、頭皮ケアに必要な成分も豊富に含まれています。

 

もし、使い方について疑問に残る場合は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

有効成分「M034」が一番多く含まれている事が特徴の一つで、信頼と社会的評価が違います。

 

本気で頭皮環境を改善して行きたい場合は、参考にしてみて下さい。


 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ