頭皮の乾燥は脂漏性皮膚炎?40,50代男性に増加傾向

<スポンサーリンク>  
頭皮の乾燥は脂漏性皮膚炎?40,50代男性に増加傾向

頭皮の乾燥を放置してしてしまっている場合、「脂漏性(しろうせい)皮膚炎」を発症してしまう可能性が高いです。

この症状は適切な対処が出来ていない場合、症状が悪化してしまう事が多く、気が付いた時に適切な対策を実行する事が大切です。

 

頭皮の乾燥は脂漏性皮膚炎になる?何をするべきかについて

40,50代の男性に急激に傾向にある病気で、「脂漏性皮膚炎」(しろうせいひふえん)が有ります。

頭皮の乾燥が通常と異なると感じている男性は要注意です。

 

本来幼少時に発生する病気なのですが、近頃年配の男性にもこの症状が見られるようになりました。

初期症状は、「昨年より頭皮が乾燥するな」と感じる程度が殆どです。

 

ある程度進行してしまうと、頭皮が部分部分に赤くなり、その部分からフケのようなものがボロボロ落ちてきます。これが脂漏性皮膚炎の特徴の1つです。

赤ちゃんに発生する場合は、正確には「乳児脂漏性湿疹」という名称です。

 

同じように皮膚のあちこちが赤くなり、黄色っぽい皮がボロボロ剥けてしまいます。

真菌という菌が原因で、乾燥した状態が続き、皮膚が荒れて来る症状です。

 

親は相当慌ててしまう場合が多いですが、大抵数週間から長くても1ヶ月ほどで自然に治ってしまう病気です。

ですが、大人になると状況は大きく異なります。

 

脂漏性皮膚炎について

同じく真菌の影響で頭皮に出ます。

その皮膚炎そのものが大きな問題ではありません。

 

むしろ脂漏性皮膚炎が原因で引き起こされる脱毛が問題です。

脂漏性皮膚炎を発病してしまったた男性のほとんどは、髪が十分に洗えていないと感じ、そのフケが出る部分を何度もゴシゴシと洗ってしまいます。

 

これがむしろ問題を悪化させてしまう行為で、皮膚はより症状を悪化してしまい、本来生えているべき髪の毛さえも脱毛させてしまいます。

そのまま放っておくとその部分からは毛髪は生えて来ず、皮膚炎はしばらくして治ったのに、時間が経過しても脱毛部分がハゲて残る事になります。

 

どうすればこうした事態を防げる?

まずは脂漏性皮膚炎を発症したとしても、慌てずに患部をケアしましょう。

時間が経過すれば確実に治る病気です。

 

ですが、既に脱毛が起きてしまっている場合は、更に第2段階の処置が必要です。

つまり、毛根の強さを取り戻す事です。

 

いったん皮膚炎が治まったのでしたら、患部の血行を活発にする目的に適した育毛剤を使用しましょう。

誤解があるのですが、この状況に適した育毛剤を選ぶ場合は、髪を増やす成分が入っている物よりは、血行を良くする成分が含まれている育毛剤を選ぶ方が良いです。

 

頭皮ケアに適した育毛剤を使用する場合、「M- 034」と呼ばれる有効成分を使用した育毛剤を選ぶとより効果的です。

「M- 034」には、頭皮を乾燥から防ぎ、頭皮環境を改善する働きと高い育毛効果が期待出来ます。

 

「M- 034」を使用した育毛剤を選ぶ時は、ブブカが効果的です。

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事もご覧頂けると幸いです。

 


理由は「M- 034」の含有量が一番多い育毛剤である事と、「グリチルリチン酸ジカリウム」「ジフェンヒドラミンHC」と呼ばれる頭皮トラブルの改善に有効的な成分が豊富に含まれている事です。

また、頭皮ケアと育毛効果が高く、社会的実績も高いので、真剣に頭皮環境を完全して行きたい方は参考にしてみて下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ