M字ハゲの悩み プロペシアは必要なのか?

<スポンサーリンク>  
M字ハゲの悩み プロペシアは必要なのか?

最新の研究結果でも明らかになっていますが、M字ハゲの最大の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質です。

特に生え際や頭頂部等のように皮膚が薄く、身体の内側や外側の影響を受けやすく繊細です。

 

それだけでは無く、人間の構造的にこの脱毛細胞は集中し易く、生え際や頭頂部等の脱毛しやすい部分の細胞を調べると、このDHT(ジヒドロテストステロン)が非常に高い数値で検出されています。

 

DHT(ジヒドロテストステロン)には毛乳頭細胞内の男性ホルモン受容体と強く結びつく働きが有り、ヘアサイクル自体を正常な状態よりも短いサイクルであったり、未成熟な状態に変化させてしまう性質が有ります。

これがM字ハゲを引き起こしてしまう大きな原因だと言われています。

 

M字ハゲの悩み プロペシアは必要なのか?

プロペシアは男性型脱毛症の為の薬で、医師が処方する薬です。

M字ハゲ等の男性型脱毛症に使用する場合、1日1mgの使用制限が有ります。

 

プロペシアは医師の処方箋が必要なだけあり、肝機能障害や発疹、口唇腫張や顔面腫張、蕁麻疹や勃起不全、射精障害や乳房肥大等の様々な副作用が有ります。

 

確かにプロペシアの育毛効果が当たれば絶大ですが、副作用が致命的で万が一発症してしまうと改善出来ない症状が多く、非常にリスクが高いのが特長です。

M字ハゲを克服する育毛成分については、厚生労働省が認可した成分も沢山有り、プロペシアを使用しなくても、十分に効果を実感出来る成分が存在するのも事実です。

 

M字ハゲの悩み 実はミノキシジルも効果が無い

M字ハゲに限らず、薄毛や抜け毛で悩む人なら、育毛有効成分「ミノキシジル」の名前は一度くらいは聞いた事が有ると思います。

 

ミノキシジルは日本皮膚科学会が発表している「男性型脱毛症診療ガイドライン」にも記載されていて、最高評価Aを獲得している程ですが、M字ハゲにも効果が有ると言う成功例自体が少ないです。

もしも、そこまで的中率が高ければ、薄毛や抜け毛で悩む方は存在しない筈ですからね。

 

最大の理由としては、それは毛髪では無く、腕や足に生えている毛が濃くなったり生えて来た場合も多かったからです。

それもその筈、ミノキシジルは元々血管拡張剤として開発され、処方された方の体毛が濃くなってしまった事が理由です。

 

「もしかしたら、薄毛や抜け毛にも効果が有るかも知れない」

と言うのがミノキシジルの育毛剤流用への経緯です。

 

頭皮の血管を拡張させるのが目的でしたら、別に大きな副作用のリスクを犯さ無くても、天然由来成分を使用した育毛剤で十分に対応出来ます。

その中でも、M字ハゲい特化しているのが「プランテル」と呼ばれる育毛剤です。

 


一番賢く購入出来る店舗に関しては、「プランテルの販売店はどこ?一番賢く購入する為に」の記事をご覧頂けると幸いです。

もしも、育毛剤に沢山の種類が有り過ぎて自分には何が合うのか分から無い場合は、プランテルのように専用の育毛剤を参考にしてみて下さい。

 

>>「プランテル」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ