頭皮が乾燥肌か脂肌の簡単な見分け方とそれぞれの対処法について

<スポンサーリンク>  
頭皮が乾燥肌か脂肌の簡単な見分け方とそれぞれの対処法について

自分の頭皮が乾燥肌なのか、脂肌なのか、混合肌なのかについて、正しい見分け方が出来ていない方は以外と多いです。

意味の無い処置をしてしまっていたり、逆効果になってしまって薄毛や抜け毛の進行が酷くなってしまうと言う方も少なく有りません。

 

現在では抜け毛や薄毛に関しての研究も驚異的なスピードで進んでいます。

この症状には何が一番有効的なのかまで解明されている位です。

 

ですが、初期症状を素早く見極め、適切な予防や処置が出来るかどうかが改善の一番大切なポイントである事は変わりません。

 

【頭皮】乾燥肌と脂肌お簡単な見分け方について

 

乾燥肌タイプの頭皮

頭皮が乾燥していて「カサついた」状態です。

また、かゆみやフケ等の症状が有り、特に夏や冬の抜け毛が目立つ頭皮です。

 

フケを触ってみて、乾燥してパラっとしたフケが出る方は要注意です。

見分け方としては簡単ですが、正しい対処法をしないと、薄毛や抜け毛が進行してしまうといった特長が有ります。

 

頭皮以外も比較的敏感肌傾向で、花粉症・アレルギー・便秘・少食・偏食等で悩まれている方に傾向が多いです。

 

脂肌タイプの頭皮

特に汗をかいていないにも関わらず、頭皮にしっとりとした脂が浮き出た状態です。

フケ等を触ってみても、しっとりとして指にこびりつくような質感のフケが出て来てしまいます。

 

頭皮以外にも、汗と言うよりはベタッとした脂がしみだしているように出てしまい、髪の毛自体も常にしっとりとした状態の事が多いです。

脂肌の方の頭皮や肌は、ニキビや吹き出物等も出来易く、そこの部分のみハゲてしまったりする場合が有ります。

 

乾燥肌同様、見分け方は簡単なのかも知れませんが、生活習慣の積み重ね等も大きく関係している事等から、辛抱強く改善していく必要が有ります。

 

混合肌の頭皮

他の部分は健康的な頭皮であるにも関わらず、生え際や頭頂部等の一部分だけ他とは違う質感になる場合が有ります。

 

生え際や頭頂部は「男性型脱毛症(AGA)」や生活習慣等の影響を特に受けやすい場所ですので、頭皮の場所によっては乾燥肌や脂肌等のようになってしまいます 。

特に生え際のみの乾燥や、後退が気になる場合、頭頂部のみが脂でしっとりして来た場合、生え際と頭頂部だけが頭皮の他の場所と違う質感がして来た場合は、特に注意が必要です。

 

【頭皮】乾燥肌と脂肌が悪化してしまう原因と対処法

 乾燥肌と脂肌が悪化する原因

 

● 頭皮にかゆみが有る場合(乾燥肌に多い)

かゆみの原因の多くは、炎症による物が多いです。

 

◯ 自分の頭皮環境に合わない育毛剤の使用してしまう事

◯ 乾燥肌なのに頭皮の脂をごっそり落とすシャンプーを使用してしまう事

◯ 脱色やカラー、ヘアワックス等を使用してしまっている事

 

これらは、頭皮にかゆみを感じてしまう原因として多いです。

頭皮のかゆみは特に乾燥肌に多いです。

 

頭皮が脂肌の場合の場合であっても、脂肌を気にして強いシャンプー等を使用してしまうと、かゆみを感じてしまいます。

そして、頭皮自体はより多くの脂を分泌しようとしてしまいます。

 

● 生活環境が原因

頭皮が乾燥肌の方は、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ビタミンE、亜鉛、ミネラル等が不足してしまっている場合が多いです。

 

鶏肉や魚、牛乳や卵、大豆や緑黄色野菜、ナッツ類や米等を意識して摂り、肌への潤いを補充する事が出来る食品を意識して摂ると効果的です。

脂肌の場合は、牛乳や豚肉等の脂が多い物を選びがちで、揚げ物やジャンクフードが多い傾向が有ります。

 

また、入浴時間が短く皮脂等を出しきれていない場合や、ストレスが多い生活の方が多いです。

 

生活環境の改善は結果が出るまでに時間が必要です

実際問題、頭皮の乾燥肌や脂肌を見分けて適切な形で食生活を改善していく事は、非常に大切な事なのですが、長年蓄積して来た結果なので期待する効果が出るまでに時間が必要です。

 

現在薄毛や抜け毛で悩んでいない場合であっても、「男性型脱毛症(AGA)」の可能性も有ります。

頭皮に乾燥肌や脂肌等の初期異常が見られている時点で、適切な育毛剤を使用する事が大切です。

 

こう言った状況で一番有効的なのは、本当の意味で頭皮の乾燥に対して有効的な成分の含まれている育毛剤を使用する事です。

顔が乾燥肌傾向にある方は、自分の肌コンディションに適したスキンケア商品を使用しています。

 

それと同じように 、育毛剤を使用して頭皮のスキンケアを行うと言う事です。

ですが、一口に育毛剤と言っても、非常に沢山有って何を規準にして購入すれば良いのかが不安だと思います。

 

そう言った場合には、「保湿」「栄養」「頭皮ケア」「敏感肌用」「天然由来成分」等が記載されている育毛剤を選び「M- 034」と呼ばれる厚生労働省から認められた成分を配合している物を選んだ方が確実です。

「M- 034」を一番多く配合している育毛剤は「ブブカ」です。

 



ただ「M- 034」の含有量が一番多いだけと言う訳では無く、生活習慣や生え際に有効的な成分も含まれています。

真剣に頭皮ケアに取り組みたい方は、参考にしてみて下さい。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ