頭皮が乾燥してめくれてしまっている場合、具体的にどうしたら良い?

<スポンサーリンク>  
頭皮が乾燥してめくれてしまっている場合、具体的にどうしたら良い?

頭皮が乾燥傾向な場合、放置してしまうと悪化し、めくれてしまう場合が有ります。

頭皮がめくれてしまう原因は沢山有りますが、その原因と対処法について説明させて頂きますので、何をするべきなのか分からない時に思い返して頂けると幸いです。

 

頭皮が乾燥してめくれてしまう原因と対処法について

「頭皮がめくれる」事が原因で困ってはおられませんか?

では、何が原因でめくれてしまうのかは、大きく分けて3種類有ります。

 

◯ 頭皮がめくれる原因

 

1、乾燥肌体質である

乾燥肌になりやすい方は、頭皮がめくれやすい傾向があります。

冬になると、特に乾燥してしまいます。

 

脚のすね部分に白いしわが出来てしまう位乾燥している方は注意が必要です。

頭に出る症状の場合は、脚のすね部分のように単純では有りません。

 

頭皮がめくれる事が原因で様々な頭皮トラブルを引き起こしてしまう場合も多く、今からでも適切なケアを行った方が良いです。

乾燥肌の方は、頭皮の潤いを取り戻す事が重要で、「めくれ」を改善する為には必要不可欠と言えます。

 

効果的な対処策は、シャンプーを保湿性の高い物に変更する事や、乾燥肌等の頭皮トラブルの改善に特化した育毛剤を使用する事です。

もしも脱毛症を併発してしまっている場合は、「AGA(男性型脱毛症)」にも対応した育毛剤を選ぶ必要があります。

 

2、シャンプーのやりすぎ

正しい方法で指先の「はら」の部分で頭をマッサージする事は非常に大切です。

頭皮環境の改善に必要な血行回復や、頭皮から出る老廃物(フケ)を取り除く等の効果が期待出来ます。

 

正しい方法で出来ていな方は多く、かゆみを取ろうとして爪をたて、頭皮をゴシゴシこすったりしてしまう方が多いです。

また、よく散髪屋で髪が痒いときにつかったりするプラスチック製道具などで擦り過ぎてしまった場合、頭皮の表面は確実に傷んでしまいます。

 

実際は頭皮環境が健康的な状態だったのにも関わらず、外的衝撃によってめくれてしまっていると言う方も多いです。

心当たりがある場合は、指のはらの部分でマッサージするように心がけましょう。

 

基本的に外的な衝撃を与えないようにするだけで、症状は数週間で改善します。

ここで一つ注意点して頂きたい事が有ります。

 

それは、頭皮がめくれてボロボロ落ちるものを「フケ」だと思い違いされている方も多いですが、これは基本フケではありません。

もちろん頭皮の一部もフケの一部となりますが、フケは先ほども延べたように、あくまでも皮膚の汗腺から出てくる老廃物の塊の事です。

 

3、異常肌である

いわゆる敏感肌の方です。

何かの化学物質によって頭の皮膚がかぶれ、頭皮がボロボロになってはげてしまっています。

 

頭皮を見ると、健康な肌の色をしておらず、赤くなっていたり、少し劣化したような茶色みがかった色が確認出来る筈です。

一年中乾燥しているかどうかに関わらず、症状が出てしまう方は、乾燥肌ではなく、敏感肌が原因である可能性が高いです。

 

対処策としては自分にあうシャンプー、トリートメント、カラー、育毛剤などを使う事です。

しかし、頭皮が乾燥してめくれてしまっている場合、健康的な頭皮に回復するまでにある一定以上の時間が必要になります。

 

頭皮が乾燥してめくれてしまった場合の育毛剤選び

頭皮がめくれる位乾燥してしまった場合、頭皮に潤いを与え、保湿する事が大切です。

次に、頭皮に必要な栄養を与える事が大切です。

 

生活週間等を見直す事も有効的ですが、頭皮を直接ケアする事も有効的です。

成分的に言うと「M- 034」と呼ばれる成分が配合された育毛剤が効果的です。

 

「ブブカ」は「M- 034」が一番多く含まれている育毛剤です。

使い方が気になる方は、「ブブカ(育毛)の使い方について 効果を100%引き出すには?」の記事も参考にして頂けると幸いです。




 

その他にも頭皮の乾燥に対して必要な成分がしっかり含まれていますので、頭皮が乾燥してめくれてしまった場合の改善や予防にも効果的です。

 

>>「ブブカ」の詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

このページの先頭へ